鈴木 英治

口入屋用心棒シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 判じ物の主 (双葉文庫 口入屋用心棒 27) [ 鈴木英治 ] へ。


湯瀬直之進を用心棒に雇おうとしていた呉服商の船越屋岐助が殺され、殺害現場から手代の与野造が姿を消した。葬儀のあと、岐助の女房と娘に請われた直之進は与野造の行方を追いはじめる。一方、南町奉行所同心樺山富士太郎と中間の珠吉は、町医者殺しを探索していたが…。直之進は次々と起こる殺しの連鎖を食い止められるのか!?人気書き下ろし長編時代小説第二十七弾。(「BOOK」データベースより)

洞軒という名の町医者が殺され、南町奉行所同心樺山富士太郎は早々に犯人の目星は付けることができたのですが、時間的な制約もあって、その殺害の方法が分からずにいました。

一方、呉服商の船越屋岐助からの用心棒の依頼を請けようとしていた湯瀬直之進でしたが、当の船越屋は殺されてしまいます。殺害現場から船越屋手代の与野造が逃げる姿を目撃する湯瀬直之進でしたが、船越屋岐助を信頼していた直之進は、船越屋岐助が信頼していた与野造以外に犯人がいると確信し、やはり与野造は犯人ではないと信じる船越屋の女房と娘の依頼で、与野造を捜し出し、更に与野造の用心棒をするようにと依頼を受けるのでした。

本書はまさに捕物帳であり、樺山富士太郎の、町医者はどのようにして殺されたのか、という謎の解明を軸に描かれています。

と同時に、直之進に関してもまた、船越屋岐助は誰に殺されたのか、また与野造は現場から逃げた理由は何か、という謎について描かれています。

物語としては、好敵手である倉田佐之助との戦いをメインに描かれていたシリーズ当初のタッチのほうが好みではあったのです。しかし、このシリーズの現在の姿もまた新たに構築された別なシリーズもののようで、それなりの楽しさ、面白さを感じることができています。

[投稿日]2017年09月29日  [最終更新日]2017年9月29日
Pocket

おすすめの小説

同心が主人公の痛快時代小説

御薬園同心 水上草介シリーズ ( 梶 よう子 )
御薬園同心の水上草介を主人公とする、心温まる人情劇です。
吉原裏同心シリーズ ( 佐伯 泰英 )
薩摩示現流の達人である主人公が、吉原の用心棒として、幕府中核の大物を相手に戦いを繰り広げる、痛快時代小説です。
一朝の夢 ( 梶 よう子 )
両御組姓名掛りという閑職の北町奉行所同心である朝顔オタクの中根興三郎を主人公とした、作者の優しい目線が光る人情小説で、歴史の渦に巻き込まれていく姿が描かれます。
父子十手捕物日記シリーズ ( 鈴木 英治 )
同心御牧文之介が、かつて名同心と言われた父親の丈右衛門の力を借りて、幼馴染みの中間勇七と共に事件を解決する、親子愛にあふれた、鈴木節も絶好調の捕物帳です。
八丁堀剣客同心 ( 鳥羽 亮 )
八丁堀の鬼と恐れられる隠密廻り同心・長月隼人が活躍する、ミステリー色の強い、痛快活劇小説です。
本

関連リンク

株式会社双葉社 | 書誌インデックス 文庫
双葉社サイト 口入屋用心棒シリーズ一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です