鈴木 英治

口入屋用心棒シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 兜割りの影 (双葉文庫 口入屋用心棒 26) [ 鈴木英治 ] へ。


幕府の勘定吟味役大内外記ら五人が何者かに惨殺された。淀島登兵衛とともに殺害現場に駆けつけた湯瀬直之進は、勘定奉行枝村伊左衛門に請われ探索を開始する。そんな折、護国寺界隈では歳や身分の違う者たちが行方知れずになる事件が頻発していた。事態を重く見た定廻り同心樺山富士太郎と中間の珠吉は、失踪人捜しに奔走していたが…。人気書き下ろし長編時代小説第二十六弾。(AMAZON内容紹介)

相変わらず面白いシリーズです。

いわゆる大衆小説の典型だと思うのだけれど、登場人物のキャラクター設定が絶妙で、飽きがこないのです。特にこのシリーズはその点が際立っていて、仲間や恋人を思う人物の心根が嬉しいのです。妙に人の視線に対する感覚が鋭かったりする点も、普通であれば安易に過ぎると思うであろう点も、独特の視点での描写と思え、個人的には気に入っているのです。

現時点での文庫書き下ろし時代劇の一方の雄である、 佐伯泰英の『居眠り磐音江戸双紙シリーズ』や『酔いどれ小籐次シリーズ』などのシリーズに比敵する、いやそれ以上の面白さをもってきているのではないかと思います。

他にも 鳥羽亮の『剣客春秋シリーズ 』や『はぐれ長屋の用心棒シリーズ』などもあるのですが、これを言い始めたらきりがありません。

まあ、それほどに面白いシリーズだということです。

[投稿日]2017年09月28日  [最終更新日]2017年9月28日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの痛快時代小説

軍鶏侍シリーズ ( 野口 卓 )
デビュー作の軍鶏侍は、藤沢周平作品を思わせる作風で、非常に読みやすく、当初から高い評価を受けています。
酔いどれ小籐次シリーズ ( 佐伯泰英 )
風采の上がらない身の丈五尺一寸の五十男の、しかしながら来島水軍流遣い手である赤目小籐次が、旧主の恥をそそぐために、単身で大名四藩に喧嘩を売る、爽快感満載の痛快活劇時代小説です。
付添い屋・六平太シリーズ ( 金子 成人 )
さすがに日本を代表する脚本家のひとりらしく、デビュー作である本シリーズも楽に読み進むことができる作品です。
風の市兵衛シリーズ ( 辻堂 魁 )
主人公が「渡り用人」というユニークな設定で、痛快と言うにふさわしい、とても読み易いシリーズです。
はぐれ長屋の用心棒シリーズ ( 鳥羽 亮 )
主人公は剣の達人だが、隠居の身です。だから立ち回りも時間を経ると息切れしてしまいます。だから、同じ年寄りたちが助け合い、戦うのです。隠居とは言えまだ五十歳代の登場人物です。還暦を過ぎたわが身としては、少しの寂しさが・・・・。他にも剣客春秋シリーズ ●●●など、面白い作品がたくさんです。
本

関連リンク

株式会社双葉社 | 書誌インデックス 文庫
双葉社サイト 口入屋用心棒シリーズ一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です