雫井 脩介

イラスト1
Pocket

文庫

角川グループパブリッシング

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは クローズド・ノート (角川文庫) [ 雫井脩介 ] へ。


堀井香恵は、文具店でのアルバイトと音楽サークルの活動に勤しむ、ごく普通の大学生だ。友人との関係も良好、アルバイトにもやりがいを感じてはいるが、何か物足りない思いを抱えたまま日々を過ごしている。そんななか、自室のクローゼットで、前の住人が置き忘れたと思しきノートを見つける。興味本位でそのノートを手にする香恵。閉じられたノートが開かれたとき、彼女の平凡な日常は大きく変わりはじめるのだった―。(「BOOK」データベースより)

文章がいい。

映画化され、その解説などを読んでいると普通のお涙頂戴のラブストーリーだと思っていたので原作を読むつもりは全くなかったのだけれど、図書館でちょうど目の前にあったので、作者が「犯人に告ぐ」の人でもあったこともあり、つい借りてしまったのです。

読み始めるとさすがに面白い。テンポのいい文章に引き込まれついつい一気に読んでしまいました。物語の流れは読み始め近くで予想がつくのだけれど、筆の力とテンポで引っ張られてしまいました。

最後がちょっとご都合主義的な感じが無きにしも非ずですがそれはまあご愛嬌ということで・・・。

引っ越した先のクローゼットに置き忘れられた一冊の日記。その中で息づく一人の女性とその女性に対する主人公の女性の想い、この作家のうまさが全面に展開されていると感じました。

単なる恋愛小説と思っていたので借りてみて良かったです。でもこの本は良かったけど、他の恋愛小説は多分読まないでしょうね。

この作品は、監督は行定勲、ヒロインに沢尻エリカ、ノートを書いた教師に竹内結子というキャストで映画化されました。

[投稿日]2015年04月12日  [最終更新日]2017年6月12日
Pocket

おすすめの小説

女性を主人公に描いた小説

現代小説、時代小説というジャンルをとわず、女性を主人公にし、その生き方や内面を深く描いた作品を集めてみました。ですから、作品としてのタッチは雑多になっています。
切羽へ ( 井上 荒野 )
「繊細で官能的な大人のための恋愛長編。」とは、コピーにあった文章です。直木賞受賞作。「性よりも性的な、男と女のやりとり」を醸し出している佳品です。
カフーを待ちわびて ( 原田マハ )
本書は『暗幕のゲルニカ』で直木賞候補になった原田マハの小説家デビュー作品だそうで、第1回日本ラブストーリー大賞を受賞している長編恋愛小説です。
阪急電車 ( 有川 浩 )
阪急電車の今津線でのほんの十数分の間の出来事を、各駅ごとの章立てで描き出した、ほんわかとした小編で出来ている連作短編集です。
恋歌 ( 朝井 まかて )
樋口一葉らの師である歌人中島歌子を描いた作品。ひとりの女性の、天狗党に参加した夫への恋物語です。本屋が選ぶ時代小説大賞2013及び第150回直木賞を受賞しています。
あい ( 高田 郁 )
七十歳を超えて北海道の開拓に身を捧げた関寛斎の妻である「あい」の、ひたすらに明るくそして侍の妻であり続けた女性の、逞しく生きた物語です。
本

関連リンク

クローズド・ノート: 書籍: 雫井脩介 | KADOKAWA-角川書店・角川グループ
私の部屋に置き忘れられた一冊のノート。はじめは手に取るつもりもなかったのに。そのノートを開きはじめたとき、私の平凡な日常は大きく変わりはじめる―。携帯サイトでの連載中に届いた、読者の感動の声! 
クローズド・ノート - WEB本の雑誌
 変わった人がわかりにくい恋をするのって、文学的に思えたりするけれど、普通の感覚を持った人によるわかりやすい恋もいいなと思った。
産経新聞 ENAK ケータイ小説が映画化「クローズド・ノート」行定勲監督に聞く
1冊のノートがヒロインの人生を動かしていく映画「クローズド・ノート」。今秋の公開に向けて撮影が進行中だ。原作は雫井脩介のケータイ小説。行定勲監督が沢尻エリカ、竹内結子らを配して撮る話題作だ。京都のロケ現場を訪ね、作品の魅力に迫った。
エリカ様、ご機嫌ななめ!?「クローズド・ノート」初日挨拶が緊迫! - 映画.com
ミステリー界の俊英、雫井脩介(「犯人に告ぐ」)が著した恋愛小説を、「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲監督が映画化した「クローズド・ノート」が初日を迎え、9月29日、東京・有楽町の日劇2で初日舞台挨拶が行われた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です