西條 奈加

イラスト1
Pocket

文庫

新潮社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 楽天Books へ。


6~7年も前に読んだ本なので、殆ど内容については覚えていません。ただ、舞台設定だけはその個性から覚えていました。

近未来の日本に、鎖国状態の「江戸国」が出現。競争率三百倍の難関を潜り抜け、入国を許可された大学二年生の辰次郎。身請け先は、身の丈六尺六寸、目方四十六貫、極悪非道、無慈悲で鳴らした「金春屋ゴメス」こと長崎奉行馬込播磨守だった!ゴメスに致死率100%の流行病「鬼赤病」の正体を突き止めることを命じられた辰次郎は―。「日本ファンタジーノベル大賞」大賞受賞作。(「BOOK」データベースより)

[投稿日]2015年12月22日  [最終更新日]2015年12月22日
Pocket

おすすめの小説

SF・ファンタジー色をもつおすすめの時代小説小説

未読の作品もありますが、それ以外はどれも楽に楽しめる作品です。
妖星伝 ( 半村 良 )
他者の生命を喰らわずして生きてはいけない人間の存在について、そうした宿命を持ちながら何故に存在するのかをエンターテインメントの物語に乗せて問うている、壮大な作品で、横尾忠則の装幀が素晴らしい名作です。
いつの日か天の船が迎えに来るのを待つ「金色様」と、異能力を持った熊悟朗と遥香の、ミステリー色をも併せ持った、「生きる」ことについて問う物語。
魔界転生 ( 山田 風太郎 )
復活させられた柳生宗矩や宮本武蔵らが同じく復活した柳生十兵衛と戦う物語で、映画化もされた、ファンタジー色豊かな物語です。
戦国スナイパー ( 柳内 たくみ )
陸上自衛隊狙撃隊員の慶一郎が戦国時代にタイムスリップし、織田信長の知己を得て、この時代で生き残りをかけて戦い抜く物語。
耳袋秘帖 ( 風野 真知雄 )
六十二歳の高齢で南町奉行に就任した根岸肥前守鎮衛というという実在の人物には随筆『耳袋』があったそうです。本書はそれとは別の『耳袋秘帖』があったという設定のファンタジックな物語です。
機巧のイヴ ( 乾 緑郎 )
科学技術が発達したもうひとつの江戸時代を背景にロボットSFと時代劇とを融合させた物語。私は未読です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です