逢坂 剛

イラスト1
Pocket

文庫

文藝春秋

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 禿鷹狩り [ 逢坂剛 ] へ。


あんたの仕事は、ハゲタカを消すことにある。そう、神宮警察署の悪徳刑事・禿富鷹秋を狩り立て、この世から抹殺するのだ―ヤクザも南米マフィアも手玉にとるあの極悪刑事の前に、最強の刺客が現われた。巧妙に仕掛けられた執拗な罠を、果たして潜り抜けることは出来るのか!?(上巻)
渋六興業と禿富鷹秋の癒着関係を暴き、警察組織から追い出しにかかる―ハゲタカを執拗に追い回す敵は、同じ神宮署生活安全特捜班に所属する、屈強でしたたかな女警部、岩動寿満子だった。寿満子は渋六の野田に、チャカ五挺と引き換えにある裏取引を持ちかけるが…稀代の悪徳刑事を衝撃のラストが待つ。(下巻)
(「BOOK」データベースより)

禿鷹シリーズの最終話です。

今回の最大の特徴は、新たな敵役の登場でしょう。それも神宮署生活安全特捜班所属の警部岩動寿満子という女性です。この女性が女版ハゲタカとも言うべき存在で、強烈な個性を持っています。岩動寿満子とのコンビを組んでいる嵯峨俊太郎警部補もまたミステリアスな雰囲気を持っており、得体は知れないけれども魅力的な男ではありました。

あい変らずに物語の主な視点は渋六興業の水間ですが、指図をするのは禿富刑事であり、周りは禿富刑事の思惑で動いていく、という構図は変わりません。ただ、岩動寿満子という女刑事の登場が、この物語をこれまでとは異なった流れに導いています。

というのも、本シリーズは今まで南米マフィアのマスダが敵役として渋六興業と事を構えていました。しかし、本書でのマスダは敵役としては二番手に回り、この岩動寿満子がシリーズ最大の敵として禿富刑事の前に立ちふさがるのです。

この岩動寿満子警部と禿富刑事との対決は、文庫本下巻の取調室での直接対決の場面で山場を迎え、物語の勢いはそのままに衝撃のクライマックスへと突き進むのです。その後、ラストで新たな事柄が提示され、ある人物の独白でこの物語も終わります。この人物の独白の意味するところが不明ですが、本シリーズの外伝があるとのことですので、そちらで明らかにされるのでしょう。

禿富刑事のような悪徳刑事ものと言えば、近頃読んだ作品では何といっても 柚月裕子の『孤狼の血』に尽きるでしょう。著者も自ら言っているように、一時代を築いた映画である『仁義なき戦い』の世界が再現されたと言っても過言ではない、非常にテンションの高い小説です。『破門』の 黒川博行柚月裕子との対談の中で語っている言葉では、『孤狼の血』という物語は「情ではなく理で書いてい」て「リアリティ」があるのです。一気に引き込まれてしまいました。

他に岩動寿満子を思わせる女刑事として、 吉川英梨が書いている女性秘匿捜査官・原麻希の第二巻スワンに出てくる大阪府警刑事部捜査一課の嵯峨美玲警部補という女刑事がいます。ただ、こちらは、強烈な関西おばちゃんキャラではあるものの岩動警部ほどの悪徳刑事とまでは言えないようです。ま、このシリーズ自体が痛快刑事ものとでも言えそうな作品であり、本書とはかなりその趣を異にしますが。

[投稿日]2016年12月17日  [最終更新日]2016年12月17日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの悪徳刑事小説

他にもあるとは思いますが、個人的に思い出す小説は以下作品ぐらいでしょうか。
アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子 ( 深町 秋生 )
真相究明のためなら手段を選ばず、警視総監賞や方面本部賞を何度も受けている警視庁上野署組織犯罪対策課の美人刑事八神瑛子が躍動する、ジェットコースター警察小説。
夜の終る時 ( 結城 昌治 )
ドラマ版の話で恐縮なのですが、でももう30年以上も前に、この作品の主人公の悪徳刑事を室田日出男が演じたドラマは、今でも強烈な印象が残っています。
らんぼう ( 大沢 在昌 )
ヤクザもゾクもシャブ中も、彼らの鉄拳の前ではただ怖れをなすばかり。情け無用、ケンカ上等、懲戒免職も何のその! 「最凶最悪コンビ」が暴走する痛快無比の10篇。
悪果 ( 黒川 博行 )
大阪にある今里署に勤務する堀内とその相棒の伊達は、シノギのためには暴力も辞さない悪徳コンビだった。黒川ノワールが満載の痛快物語。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です