大沢 在昌

狩人シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 黒の狩人(上) (幻冬舎文庫) [ 大沢在昌 ] へ。


中国人ばかりを狙った惨殺事件が続けて発生した。手がかりは、死体の脇の下に残された刺青だけ。捜査に駆り出された新宿署の刑事・佐江は、捜査補助員として謎の中国人とコンビを組まされる。そこに、外務省の美人職員・由紀が加わり、三人は事件の真相に迫ろうとするが…。裏切りと疑惑の渦の中、無数に散らばる点と点はどこで繋がるのか。(上巻 : 「BOOK」データベースより)
連続殺人を中国政府による“反政府主義者の処刑”と考えた警察上層部に翻弄される佐江たち。一方中国は、共産党の大物を日本に派遣し、事件の収束を図ろうとする。刑事、公安、そして中国当局。それぞれの威信と国益をかけた戦いは、日中黒社会をも巻き込んだ大抗争へと発展する…。かつてないスピードで疾走するエンターテインメントの極致。(下巻 : 「BOOK」データベースより)

本書『砂の狩人』は、狩人シリーズの第三巻です。

これまでのこのシリーズ『北の狩人』『砂の狩人』では脇に回っていたシリーズの陰の主役マル暴刑事佐江が珍しく中心になって活躍する場面が見られます。

 

ある日、署長室に呼ばれた佐江は、時岡の同期だという外事二課の一条から、何の資格も持たない中国人と組んでの捜査を命じられる。つまりはアルバイトの捜査補助員との共同捜査ということだった。ただ、この宋という中国人にはスパイの疑いもあるということであり、何らかの不祥事が起きた時には佐江が切り捨てられることは考えるまでもないことだった。

佐江と組んで捜査をする事件は、三人の中国人の殺害事件であり、三人には左脇の下に見つかった、中国の五岳聖山の一つの名を刻んだ刺青という共通点があった。

一方、外務省アジア太洋州局中国課職員である野瀬由紀は、自分の浮気相手である警視庁公安部外事二課警部補の水森から中国人の連続殺人事件についての情報を得、情報の収集に乗り出すなかで、警察がおかしな動きをしているという情報に接し、直接佐江に連絡を取ることにするのだった。

 

時岡は前作『砂の狩人』に登場してきた人物だけれど、警視庁ではなく警察庁ではなかったか、との疑問も持ったのですが、時岡の経歴を全部覚えている筈もなく、さらりと流してしまいました。

本書では先にも述べたように、佐江が物語の中心となって、連続殺人の解決にむけて、という中国人の捜査補助員と共に奔走しています。まさに、佐江の物語です。

そういう意味では、『北の狩人』のや『砂の狩人』の西野のようなアクション向きの主人公ではない分、中年の腹の出た冴えないおっさんが日本のヤクザと中国マフィアを相手に対等に渡り合い、少しづつ情報を得ながら事件の真相を探るミステリーなのです。

 

他方では、佐江の相棒であるという男の正体もあいまいになってきて、ときには袂を分ちあいながらもそれでもなお、男としてという男を自分の相棒として認める佐江の姿は、まさに日本人好みの「漢(オトコ)」の姿であり、その姿にしびれるのです。

近時、 柚月裕子の『孤狼の血』や、その続編である『凶犬の眼』が人気です。そこで描かれている大上章吾や日岡秀一という男たちにも本書の佐江と同様の色が感じられます。法の執行者でありながらも、その対極にいるヤクザ者の中に「法」を越えたところにある男同士の心の繋がり、と言ってしまえば実に薄っぺらくも感じますが、他に言いようのない関係性を見出すのです。

 

 

それは一面では浪花節的、という言葉で語られることの多い関係性でもあり、つまりは感傷に流されやすい関係性でもある気がします。

そうした危うい関係性を緻密なプロットの上に、丁寧に築いていくことで単なる感傷に陥ることを回避しているのが大沢在昌の作品群であり、その他の人気作家たちの作品だと思います。

本書『黒の狩人』も勿論、複雑とさえ言える物語の筋立てを前提に、刑事警察、公安警察、ヤクザ、中国マフィアといった多くの登場人物による構築されたミステリーであり、のめり込まずには読めない物語として成功しているのです。

[投稿日]2018年07月15日  [最終更新日]2018年7月15日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのハードボイルド小説(国内)

廃墟に乞う ( 佐々木 譲 )
著者によると、矢作俊彦の小説にある「二村永爾シリーズ」にならって「プライベート・アイ(私立探偵)」小説を書こうと思い執筆した作品で、第142回直木賞を受賞しています。休職中の警官が、個人として様々な事件の裏を探ります。
私立探偵沢崎シリーズ ( 原 尞 )
シリーズ第二作目の私が殺した少女では1989年の直木賞を受賞しています。かなり人気の高い、正統派のハードボイルド作品です。
ススキノ探偵シリーズ ( 東 直己 )
札幌はススキノを舞台に探偵である饒舌な「俺」が活躍するハードボイルド作品です。大泉洋主演で映画化されました。
マークスの山 ( 高村 薫 )
直木賞受賞作品。この本を含む「合田雄一郎刑事シリーズ」は骨太の警察小説です。
探偵は女手ひとつ ( 深町 秋生 )
『果てしなき渇き』で第3回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した深町秋生の、椎名留美という女性が主人公であるハードボイルドの六編からなる連作の短編小説集です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です