野口 卓

イラスト1
Pocket

文庫

新潮社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 闇の黒猫 [ 野口卓 ] へ。


北町奉行所定町廻り同心の朽木勘三郎を主人公にした捕物帳です。朽木勘三郎という同心は、岡っ引の伸六をまとめ役とし、その手下である安吉と弥太、それに見習の和助と喜一という若者をチームとして探索をさせ、事件を解決します。一人のヒーローによる事件解決という従来の捕物帳とは一線を画しているのです。

更には、勘三郎とその息子の葉之助という親子の関係も見どころになっています。親の子に対する暖かな眼があって、その眼は伸六配下の手下たちにも注がれていて、常に彼らの成長を見守る親としての、そして若者を預かる同心としての姿までをも緻密に描き出しているのです。ここらの描き方は『軍鶏侍』での源太夫の、息子や弟子たちに対する目線と似たものがあると言えると思います。

どうしても、この作家の園瀬藩という風光明美な舞台を設けていた『軍鶏侍シリーズ』との比較になってしまいますが、江戸の町を舞台にした捕物帳だからでしょうか、より客観性が増しているようです。主人公の「口きかん」との異名を持つ朽木勘三郎についての描写もあまり無く、物語の主体は勘三郎の手下である岡っ引の伸六を中心とした仲間に置かれています。

勿論、最終的な解決は勘三郎が行うのですが、勘三郎の指示で伸六らが動き、伸六らが情報を収集するその様子がこのシリーズの魅力になっているようです。その情報収集の過程でまた勘三郎の指示があったり、若者の成長する姿を見たりと、物語の全体的な構成は違いますが、 池波正太郎の『鬼平犯科帳』シリーズの火付盗賊改方長官長谷川平蔵というキャラクターと似たところが無いとも言えません。

とにかく、まだこのシリーズは2016年11月の時点でも二冊しか書かれていないので、今後のシリーズの展開を待ちたいと思います。

北町奉行所朽木組シリーズ(2016年11月19日現在)

  1. 闇の黒猫: 北町奉行所朽木組
  2. 隠れ蓑: 北町奉行所朽木組
[投稿日]2016年11月20日  [最終更新日]2016年11月20日
Pocket

おすすめの小説

同心が主人公の痛快時代小説

夜叉萬同心シリーズ ( 辻堂 魁 )
北町奉行所隠密廻り同心である萬七蔵(よろずななぞう)は、一刀流の免許皆伝という腕前を買われ、奉行直属の隠密御用を命じられている「殺しのライセンス」を持つ同心です。
父子十手捕物日記シリーズ ( 鈴木 英治 )
同心御牧文之介が、かつて名同心と言われた父親の丈右衛門の力を借りて、幼馴染みの中間勇七と共に事件を解決する、親子愛にあふれた、鈴木節も絶好調の捕物帳です。
八丁堀剣客同心 ( 鳥羽 亮 )
八丁堀の鬼と恐れられる隠密廻り同心・長月隼人が活躍する、ミステリー色の強い、痛快活劇小説です。
涅槃の雪 ( 西條 奈加 )
泣き菩薩 ( 田牧 大和 )
若き日の歌川広重である定火消し同心の安藤重右衛門を主人公とした痛快時代小説で、同じ定火消し同心である西村信之介と猪瀬五郎太という仲間と共に事件を解決します。。
本

関連リンク

野口卓 『闇の黒猫―北町奉行所朽木組―』 | 新潮社
「なぜお江戸に悪党がいないのか。それは朽木の旦那がいるからだ」縄田一男氏大絶賛! 文庫書下ろし。
田口幹人/時代小説の新たなる旗手(2013年12月号) - 書評・エッセイ
腕が立ち、情にも厚い定町廻り同心・朽木勘三郎と、彼に心服する岡っ引たちは、商家の盗難騒動、茶問屋跡取り息子失踪事件を鮮やかに解き、いよいよ江戸の闇夜に跋扈する「黒猫」の正体へと迫ってゆく……。
野口卓 『隠れ蓑―北町奉行所朽木組―』 | 新潮社
わが身を狙うのはかつての同門剣士。定町廻り同心・朽木勘三郎、宿命の対決に臨む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です