長岡 弘樹

イラスト1
Pocket

新刊書

KADOKAWA

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 白衣の嘘 [ 長岡 弘樹 ] へ。


悲哀にみちた人間ドラマ。温かな余韻が残るラスト。『傍聞き』『教場』を超える、傑作ミステリ集!命を懸けた現場で交錯する人間の本性を鮮やかに描く、珠玉の六編。(「BOOK」データベースより)

医療の分野を舞台にしたミステリーの短編小説集です。

ミステリー小説はどの物語でも、明確な事件が起き、発生した事件について何故、誰が、どのように起こされたか、などが記されるのが通常です。

しかし、本書『白衣の噓』の場合そうした事件性を持った事件は起きません。ただ、日常の生活の中でとった行動が、あるいはとらざるを得なかった行動について、隠された理由が意外性を持って明らかにされるのです。

 

例えば、第一話「最後の良薬」では、職員わずか四十人という個人病院に、緩和ケアを受けるしかない進行性の胃がんの女性患者が転院してきて、何故か副島真治がこの患者を担当することになります。しかし、そこにはある理由があったのです。

また、第三話「小医は病を医し」では、T町役場の角谷は入院することになりますが、ある日喬木という盗犯係刑事がいる二人部屋に移されます。しかし、部屋を移されたのには隠された訳があったのでした。

 

この用に、物語自体は通常の生活が営まれているだけです。ただ、舞台が医療機関であり、そこでの日常に、小さな変化がもたらされるのですが、その変化に隠された人間ドラマが胸を打つのです。

この作者の『傍聞き』や『赤い刻印』などの作品はどれも、日常の中の小さな変化を捉え、その変化に隠された事実を読者の予想を超えるトリックなり、理由付けを施して提供してくれています。

そこで示されるトリックや、謎ときなどの論理の切れ味は鋭く、実に小気味いいのです。本書の場合、舞台が医療機関ということもあるためでしょうか、更には切なさまで加わっている気がします。

 

こうした日常の生活にひそむ謎を解き明かすという作法は 米澤穂信の『さよなら妖精』でもありました。ユーゴスラビアから来たマーヤという少女の日本での暮らしを追った青春ミステリー小説です。太刀洗万智という探偵役の女性の高校時代を描いた作品としても面白いものでした。
 

 

交通事故のために足を切断せざるを得なくなった全日本にも選ばれるほどのバレーボールの選手だった妹と、医者である姉との間の心の交錯を描いた話(第二話「涙の成分比」)や、忙しい刑事課勤務の末に腎臓を悪くして入院せざるを得なくなった姉と、同じ刑事である弟との腎臓移植をめぐる話(第六話「小さな約束」)など、せつなくそして胸を打つ物語です。

どの物語も短編推理小説の醍醐味を十分に満喫させてくれる話だと思います。この作者の切れ味のいい、「意外性」の世界を堪能できる短編集です。

[投稿日]2018年06月08日  [最終更新日]2018年6月8日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのミステリー小説

さよならドビュッシー ( 中山 七里 )
ドビュッシーの調べにのせて贈る音楽ミステリーです。十六歳の女の子香月遥は、祖父と従姉妹と共に火災に遭います。奇蹟的に一人助かった遙は、整形手術により顔も、声も取り戻し、再度ピアニストになるという夢に向かって進み始めるのです。
探偵は女手ひとつ ( 深町 秋生 )
『果てしなき渇き』で第3回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した深町秋生の、椎名留美という女性が主人公であるハードボイルドの六編からなる連作の短編小説集です。
ジョーカー・ゲーム ( 柳 広司 )
五感と頭脳を極限まで駆使した、 命を賭けた「ゲーム」に生き残れ――。異能の精鋭たちによる、究極の"騙し合い"! 吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門) 受賞作品。
合理的にあり得ない 上水流涼子の解明 ( 柚月 裕子 )
もと弁護士の上水流涼子と、その助手貴山の、依頼者のために頭脳を絞り出します。知的ゲームを楽しむ六編の短編からなるミステリー小説集です。
四日間の奇蹟 ( 浅倉卓弥 )
「このミステリーがすごい!」大賞の金賞を受賞した、とある娘と療養施職員の女性との間に起きた四日間の奇蹟を描く、感動の物語。
本

関連リンク

【書評】『白衣の嘘』長岡弘樹著 心地よい「やられた感」にひたれる
『傍聞き』『教場』で一躍、人気ミステリー作家となった長岡弘樹、今作の短編集は病院が舞台になっている。姉妹の交錯する思いが悲しい「涙の成分比」、医師たちの人間模様がよく分かる「彼岸の坂道」…。どれも登場人物の骨格、情景が簡潔な言葉で打ち出されるから、短編ながら読者はすぐに物語の世界に入り込める。
『傍聞き』『教場』を超える傑作ミステリ!長岡弘樹氏の集大成『白衣の嘘』
2005年のデビュー以来、2008年刊行の『傍聞き』(かたえぎき)が第61回日本推理作家協会賞短編部門を受賞、「おすすめ文庫王国2012」国内ミステリー部門1位、2013年刊行の『教場』が「週刊文春ミステリーベスト10」国内部門1位、「本屋大賞」6位にランクインし、短編ミステリの名手として近年熱い注目を浴びている長岡氏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です