三上 延

ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ

イラスト1
Pocket


鎌倉の片隅にあるビブリア古書堂は、その佇まいに似合わず様々な客が訪れる。すっかり常連の賑やかなあの人や、困惑するような珍客も。人々は懐かしい本に想いを込める。それらは予期せぬ人と人の絆を表出させることも。美しき女店主は頁をめくるように、古書に秘められたその「言葉」を読みとっていく。彼女と無骨な青年店員が、その妙なる絆を目の当たりにしたとき思うのは?絆はとても近いところにもあるのかもしれない―。これは“古書と絆”の物語(「BOOK」データベースより)

「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズの第三作目です。

 

プロローグ 『王さまのみみはロバのみみ』(ポプラ社)I
第一話 ロバート・F・ヤング『たんぽぽ娘』(集英社文庫)
第二話 『タヌキとワニと犬が出てくる、絵本みたいなの』
第三話 宮澤賢治『春と修羅』(關根書店)
エピローグ 『王さまのみみはロバのみみ』(ポプラ社)II

 

本書『ビブリア古書堂の事件手帖3 〜栞子さんと消えない絆〜』では、栞子姉妹の母親篠川智恵子が少しずつ顔を見せます。それは、篠川智恵子についての噂話だったり、篠川智恵子が書いたカードであったりと様々な形です。今後のこのシリーズで重要な役割を果たすことになる智恵子についての情報が少しずつ明らかにされていきます。

最初は「ヒトリ書房」の井上太一郎によりもたらされます。井上は、篠川智恵子に憎しみさえ抱いているようにも見える人物です。古本業者の古本交換会で、井上が落札した筈の絶版文庫から『たんぽぽ娘』が盗まれており、栞子が盗ったと決めつけてきました。この話には、智恵子や栞子らも古くから付き合いのある「滝野ブックス」の滝野蓮杖も登場します(第一話)。

 

 

大輔は第一巻の第三話に登場した坂口しのぶから「タヌキとワニと犬が出てくる、絵本みたいな」本を探し絵て欲しいと頼まれます。栞子も一緒にしのぶの実家を訪ね、捜しますが見つかりません。逆に、しのぶの母親からは追いだされてしまうのでした。(第二話)

智恵子と同級生の玉岡聡子という女性から、盗まれた宮沢賢治の『春と修羅』という本を取り戻して欲しいと頼まれます。亡くなった父親は『春と修羅』の初版本を二冊買っていたのであり、状態の悪い本が盗まれたというのです。この蔵書の処分をめぐり聡子の兄夫婦らともめていた話を聞き、犯人を見つけ、取り戻すのでした。(第三話)

 

 

本書『ビブリア古書堂の事件手帖3 〜栞子さんと消えない絆〜』では、栞子の母親智恵子にまつわる事実が少しずつ明らかになると同時に、母親の失踪の訳などの謎はより深まっていく印象があります。

また、プロローグとエピローグは妹の文香の目線であり、ここにも小さな秘密があります。

相変わらずに古書に関する知識が豊富であり、その知識をミステリーとして仕上げる手腕も見事なものです。その上で、本書においては「家族」の関係が主軸になっているようで、二話、三話と栞子らの活躍で顔zくの対話が復活していく様は、少々都合がいい感じもありますが、それはそれとして、心地よいものです。

 

また、本書に登場する古書では、名前だけですが『春と修羅』しか知りません。この作品は高名であり、本好きな人はほとんどその書名は知っている作品でしょう。そういえば、宮沢賢治については 第158回直木賞受賞作となった 門井慶喜の『銀河鉄道の父』という作品が印象的でした。

 

 

四ずれにしろ、人の死なないミステリーの典型でありミステリー小説です。それも関心の高い書物が対象となっているシリーズ作品なので、残りの四冊を楽しみに読みたいものです。

[投稿日]2018年05月29日  [最終更新日]2018年5月29日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのミステリー小説

検察側の罪人 ( 雫井 脩介 )
「時効によって逃げ切った犯罪者を裁くことは可能か」という問いが着想のきっかけだというこの作品は、二人の検事それぞれが信じる「正義」の衝突の末に生じるものは何なのか、が重厚なタッチで描かるミステリーです。
警察(サツ)回りの夏 ( 堂場 瞬一 )
ミステリー小説ではありますが、現代のネット社会での「報道」の在り方について深く考えさせられる力作です。
孤狼の血 ( 柚月 裕子 )
菅原文太主演の映画『仁義なき戦い』を思い出させる、ヤクザの交わす小気味いい広島弁が飛び交う小説です。それでいてヤクザものではない、警察小説なのです。この手の暴力団ものが嫌いな人には最も嫌われるタイプの本かもしれません。
折れた竜骨 ( 米澤 穂信 )
折れた竜骨著の『折れた竜骨』は、獅子心王リチャードの存した十二世紀末の欧州の、ロンドンから三日ほどの位置にあるソロン諸島を舞台にした、剣と魔法の世界を舞台にしている、第64回日本推理作家協会賞を受賞した本格派の推理小説です。
傍聞き ( 長岡 弘樹 )
長岡弘樹著の『傍聞き』は、四編の短編を収めた推理小説集です。どの物語もトリックのアイディアがユニークで、人物の心理をうまくついた仕掛けは、新鮮な驚きをもたらしてくれました。第61回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞した作品でもあります。
本

関連リンク

『ビブリア古書堂の事件手帖』公式サイト
メディアワークス文庫『ビブリア古書堂の事件手帖』のオフィシャルWebサイト.
「ビブリア古書堂の事件手帖」 三上延インタビュー - ダ・ヴィンチニ
現在、シリーズ累計200万部を突破しているベストセラー『ビブリア古書堂』。鎌倉の古書店を舞台に古書にまつわる謎を解き明かしていく“古書店探偵”が活躍する本書。著者の三上延さんご自身も古書店で働いていた経歴があり、本にまつわる知識も豊富だ。
楽天ブックス: 著者インタビュー - 三上延さん『ビブリア古書堂の事件
第1弾では山場が必要かなと思い最後のほうで大きな事件を起こしたんですが、必ずしも毎回そうでなくてもいいかなと思いまして。今後も続く長いシリーズになるだろうということもあって、今回はその長いお話のはじまりとしてキャラクターの掘り下げに重点を置いたんです。
映画『ビブリア古書堂の事件手帖』2018年全国ロードショー
鎌倉の片隅にひそやかに佇む古書店「ビブリア古書堂」。過去の出来事から本が読めなくなった五浦大輔(野村周平)がその店に現れたのには、理由があった。
ビブリア古書堂の事件手帖 - フジテレビ
美しき古都・鎌倉の片隅にある古書店『ビブリア古書堂』を舞台に、古書にまつわる謎、秘密を解き明かし、時を超え人と人との絆(きずな)を紡いでいくヒューマンミステリードラマです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です