黒川 博行

イラスト1
Pocket

文庫

角川書店・新潮社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 楽天Books へ。


ヤクザの桑原と建設コンサルタントの二宮とが活躍する「疫病神」シリーズの第四作目です。今回桑原が目をつけたのは、宗教界です。シリーズの他の作品も長めなのですが、本書も文庫本で746頁という長編です。しかし、その長さをほとんど感じさせないほどに引き込まれてしまいました。

就教寺住職の木場は、伝法宗本山から借りた宗派宝物の絵巻物『懐海聖人絵伝』三巻をもとにひと儲けを企むが果たせず、桑原の手元に二千万円の手形がまわって来た。金になると目星をつけた桑原は、就教寺の檀家である二宮を引きいれてひと儲けを企むが、東京のヤクザも絡んでくる騒動になるのだった。

これまでの作品と同様に、作品の根底には綿密な取材が為されています。だからこそ細かなところにも目が届いていて、舞台設定に破たんが無く、物語に奥行きが出てリアリティーが増すのでしょう。本巻以前の作品の舞台背景を見てみると、一作目『疫病神』は産業廃棄物処理事業にまつわる利権、二作目『国境』では北朝鮮を舞台にした追跡劇、未読の三作目『暗礁』は「宅配業者と警察の癒着に絡む裏金」です。そして本書の宗教界ということになるのです。

相変わらず、桑原と二宮とのやり取りはコミカルです。しかしながら、背景設定が丁寧に描写されているので、二人の掛け合いも生き生きとしながらも物語にきれいに溶け込んでいき、違和感を感じることもないのだと思われます。

今回は、二蝶会の若頭の嶋田という桑原の兄貴分に焦点が当たる場面があります。この嶋田の、敵対するヤクザとの駆け引きの場面が迫力満点です。本書は極道の桑原を主人公のひとりにしている点でピカレスク小説の一面もあるのでしょう。そしてこの桑原の魅力、迫力も本書シリーズが人気のある一因でもあるのでしょうが、嶋田のような男がもう少し活躍する場面も読んでみたいと思いました。

東映映画で健さんや文太に、また尾崎士郎が描いた『人生劇場 残侠篇(上・下)』の飛車角に魅せられたように、「侠(おとこ)」の物語を見たい、読みたいとも思います。

なお、上記『螻蛄』の文庫本画像及び「Amazon」の書店リンク文字は「角川書店」にリンクしていますが、本書は「新潮社」からも文庫本が出ています。右の画像をクリックしてください。

[投稿日]2015年12月01日  [最終更新日]2015年12月1日
Pocket

おすすめの小説

読み応えのあるおすすめの小説

社会派の推理小説から、冒険小説、SFと様々なジャンルの読み応えのある作品を書き抜いてみました。他にも紹介したい作品は多くあるのですが、少しずつ挙げておきたいと思います。
マークスの山 ( 高村 薫 )
直木賞受賞作品。この本を含む「合田雄一郎刑事シリーズ」は骨太の警察小説です。
凍える牙 ( 乃南 アサ )
「女刑事・音道貴子シリーズ」の一冊で、重厚な作品で読み応えがあります。直木賞受賞作です。
警察(サツ)回りの夏 ( 堂場 瞬一 )
ミステリー小説ではありますが、現代のネット社会での「報道」の在り方について深く考えさせられる力作です。
探偵・畝原シリーズ ( 東 直己 )
札幌を舞台にしたハードボイルド小説です。探偵の畝原の地道な活躍を描き出しています。映画化もされた、ユーモラスなススキノ探偵シリーズの方が有名かもしれませんが、このシリーズも実に味わい深いものがあります。
新宿鮫 ( 大沢 在昌 )
「新宿鮫」シリーズは、キャリアでありながら第一線で捜査活動を行う新宿署の鮫島警部の活躍が描かれます。シリーズ三作目の『無間人形』で直木賞を受賞しています。
64(ロクヨン) ( 横山 秀夫 )
広報官である三上を主人公とした、従来の警察小説とは視点を異にした作品で、D県警管轄内で昭和64年に起きた誘拐殺害事件を巡る刑事部と警務部との衝突の様を、人間模様を交え見事に描き出している警察小説です。
機龍警察 ( 月村 了衛 )
今も書き継がれているシリーズ作品で、アニメの「機動警察パトレイバー」の世界を重厚に組み立てなおしたような、実に読み応えのある冒険小説としても成立している作品です。
天冥の標 ( 小川 一水 )
全十巻という長大な作品で、SFの種々の要素が入った読み応えのある作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です