今野 敏

イラスト1
Pocket

新刊書

実業之日本社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは マル暴総監 [ 今野敏 ] へ。


警視総監は暴れん坊!?半グレ殺人事件の捜査線上に浮かんだ意外すぎる人物に甘糟刑事は大弱り!超人気“マル暴”シリーズ最新刊。(「BOOK」データベースより)

マル暴甘糟シリーズの第二作目となる長編の警察小説です。

郡原先輩の指示でチンピラの喧嘩の現場に行くと、白いスーツの男がこの喧嘩は仲裁のために自分が買うと言い始めた。仕方なく甘糟が乗り出すと、面子のみで張り合っていたチンピラらはどこかに消えてしまう。しかし、その後、そのチンピラの一人が殺されてしまい、容疑者の一人として捜査線上に浮かんだのが、白いスーツの男だった。

ユーモアミステリーである本書は、今野敏の人気シリーズの一つである『任侠シリーズ』から派生したシリーズで、本書には『任侠シリーズ』の阿岐本組代貸である日村誠司も少しだけですが登場します。

甘糟という主人公のキャラクターや、郡原というマル暴らしい刑事の存在感が実に面白いのですが、本書ではそれに加えマル暴総監と呼ばれる栄田警視総監まで加わり、物語展開を一段と荒唐無稽なものとしています。

この警視総監は巷でチンピラ達を懲らしめては、暴れん坊将軍を気取り、一人悦に入っているという困ったキャラクターです。

この警視総監が、マル暴である甘糟が特別に参加している捜査本部に頻繁に顔を見せ、白いスーツの男の正体を知っている甘糟に口止めをし、捜査の指揮を取ろうとするのです。

警視総監と上司との間に入り振り回される甘糟ですが、何故か自らは動かず甘糟に指示をする郡原の言うとおりに動いて捜査の方向性を決めそうな重要情報を掴んでくるのでした。

本書は、そもそもミステリーとしての出来栄えを期待する類の小説ではないのでしょう。代わりに、ある種ファンタジーでもある痛快ユーモア小説としてその期待に十分に応えてくれると思います。

その中で、郡原の指示に隠された意外な冴えなどの見どころがちらりと見えたりと、単にコミカルさを売り物にしているだけの物語ではない、さすがに今野敏の小説だとあらためて感心することになりました。

[投稿日]2017年12月06日  [最終更新日]2017年12月7日
Pocket

おすすめの小説

ユーモアとちょっとした棘を持つ小説

きんぴか ( 浅田 次郎 )
浅田次郎のごく初期のユーモア長編小説です。退職間際の刑事「マムシの権佐」のもと、ヤクザ、元自衛隊員、元大蔵キャリアらが暴れまわります。既に今の浅田次郎の泣かせのテクニックや、見せ場などは備わっています。
らんぼう ( 大沢 在昌 )
ヤクザもゾクもシャブ中も、彼らの鉄拳の前ではただ怖れをなすばかり。情け無用、ケンカ上等、懲戒免職も何のその! 「最凶最悪コンビ」が暴走する痛快無比の10篇。
四人組がいた。 ( 高村 薫 )
どこかの山村の旧バス道沿いの郵便局兼集会所に毎日集まりお茶を飲み、無駄話をする、元村長、元助役、郵便局長、そしてキクエ小母さんという四人組が、荒唐無稽、奇想天外のハチャメチャぶりを示す一冊です。
悪果 ( 黒川 博行 )
ユーモア小説とは言いにくいでしょうが、大阪にある今里署に勤務する堀内とその相棒の伊達の、シノギのためには暴力も辞さない悪徳コンビの物語は笑いを誘う黒川ノワールが満載の痛快物語です。
任侠シリーズ ( 今野 敏 )
やくざが出版社や学園の運営、更には病院経営にまで手を出すという人気シリーズです。阿岐本組の代貸の日村が阿岐本組長の指示で様々の難題に立ち向かっていかく、と言っても悲壮感漂う物語ではなく、コミカルな娯楽小説です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です