今野 敏

イラスト1
Pocket

文庫

新潮社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 隠蔽捜査 (新潮文庫) [ 今野敏 ] へ。


隠蔽捜査シリーズ(2017年08月31日現在)

  1. 隠蔽捜査
  2. 果断 隠蔽捜査2
  3. 疑心 隠蔽捜査3
  4. 初陣 隠蔽捜査3.5
  5. 転迷 隠蔽捜査4
  1. 宰領 隠蔽捜査5
  2. 自覚 隠蔽捜査5.5
  3. 去就: 隠蔽捜査6
  4. 棲月: 隠蔽捜査7

正論を正論としてそのまま通しきるキャリアが主人公です。

第一作目の『隠蔽捜査』は吉川英治文学新人賞を、第二作目『果断』で山本周五郎賞と日本推理作家協会賞長編部門を、シリーズとして吉川英治文庫賞を、それぞれに受賞しているほどのシリーズです。

清濁併せ飲む大人の対応を良しとしないで、その正論が通らないキャリアの世界を渡っていくのだからすごい。かなりできる人なのでしょう、と思わせる設定が面白い。主人公はその性格のまま周りを巻き込んで事件を解決してしまいます。

その変な性格の主人公が何故か魅力的な人間に見えてきて、早く次を読みたいとなるのです。それは主人公が堅物ではあっても、人としての正道を貫いているからなのでしょう。どこか人情小説の心の交流にも似た情感を漂わせる本書は、お勧めです。

なお、陣内孝則と柳葉敏郎のコンビ、そして杉本哲太と古田新太のコンビと、局を違えてテレビドラマ化されています。

[投稿日]2015年04月11日  [最終更新日]2018年3月24日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの警察小説作家

多数ある面白い作品の中のごく一部です。
横山 秀夫
どの作品も、従来の警察小説とは視点を異にしています。NHKでドラマ化もされた「64(ロクヨン)」にしても主人公は広報官です。また検視官や新聞記者など多彩です。勿論普通に捜査官が主人公になっている作品もあります。どの作品もよく練り上げられている感じが、読んでいて物語の厚みとなって感じられます。
佐々木 譲
作品のジャンルは多岐にわたるようですが、とくに警察ものが人気が高い作家さんのようです。「警官の血」などは、親子三代にわたり警察官となった男達の人生を描く大河小説で、2007年の日本冒険小説協会大賞を受賞しており、直木賞のノミネート作でもあります。他に「笑う警官」を始めとする『道警シリーズ』も人気があります。
誉田 哲也
当初はホラー小説を書かれていたようです。しかし、ちょっとダークな雰囲気のある「姫川玲子シリーズ」ほかの「姫川玲子シリーズ」は、警視庁捜査一課殺人犯捜査係の姫川玲子を中心に刑事たちの活躍が描かれるシリーズで、お勧めです。
長岡 弘樹
これまでの警察小説とは異なる、異色の警察小説。いや警察学校小説である「教場」は、計算された伏線がきれいに回収されていく様も見事なミステリー小説です。
堂場 瞬一
胸を熱くするスポーツ小説の名手でもあるこの作家は、またハードボイルドタッチの作品も書かれています。孤高の刑事鳴沢了の活躍を描く「刑事・鳴沢了シリーズ」は圧巻です。
本

関連リンク

今野敏「隠蔽捜査」シリーズ|新潮社
警察庁長官官房総務課長・竜崎伸也は連続殺人事件のマスコミ対策に追われる中、犯人は警察関係者との疑念を抱く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です