金子 成人

イラスト1
Pocket

文庫

小学館

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 付添い屋・六平太(虎の巻) [ 金子成人 ] へ。


十一代将軍・家斉の治世も四十年続き、世の中の綱紀は乱れていた。浪人・秋月六平太は、裕福な商家の子女の花見や芝居見物に同行し、案内と警護を担う付添い屋で身を立てている。外出にかこつけて男との密会を繰り返すような、わがままな放題の娘たちのお守りに明け暮れる日々だ。血のつながらない妹・佐和をやっとのことで嫁に出したものの、ここのところ様子がおかしい。さらに、元許嫁の夫にあらぬ疑いをかけられて迷惑だ。降りかかる火の粉は、立身流兵法達人の腕と世渡りで振り払わねば仕方ない。日本一の人情時代劇、第二弾にして早くもクライマックス!(「BOOK」データベースより)

付添い屋・六平太シリーズの第二弾です。

「あやかし娘」
味噌問屋浅野屋の娘のお絹の付き添いをしていた六平太は、奔放なお絹の行動に振り回されていた。そのうちに、浅野屋が三五郎という男から脅しをかけられているという。
「武家勤め」
関森藩の藩主の妾腹の子亀太郎を助けたことから、亀太郎の剣術指南をすることになった。しかし、そのことを快く思わないものもいて・・・。
「むかしの音」
六平太は盲目のお琴の師匠秋絵の付き添いをすることになった。その秋絵は、出稽古のの途中、わき道にそれ、ある音を聞いているかのように佇むのだった。
「霜の朝」
前巻の最終話で、六平太の妹の佐和は、呉服商の美濃屋の手代由蔵のもとに嫁ぐことになったのだが、その後の佐和の姿が描かれる。
(別館:「とにかく読書録」より)

本書では六平太の人となりの紹介とでもいうべき作品になっています。

この手の時代小説の定番の構成として、六平太の付き添い屋つまりは用心棒としての仕事の物語があって、それとは別にシリーズ全体を通しての大きな流れとして市兵衛がかつて仕えていた十河藩絡みの事柄があります。本書の場合は六平太のかつての許婚小萩を妻としている山中伊織が、小萩と六平太との仲を邪推していることです。

それとは別に、六平太と義妹佐和との関係や、六平太のかつての放蕩時期に女に産ませた子との関係や、六平太が日ごろ転がり込んでいる髪結いのおりきとの成り行きなど、現代の人間にも通じる人間関係が付きまとっています。

こうした設定は気のきいた小説であればどれにも設けられている話ではありますが、人気の物語はその設定が物語の世界観を邪魔せずに、うまく収まっています。勿論本書もそうで、前巻から本書にかけてこのシリーズの世界観が十分に展開されいるのです。

[投稿日]2016年11月06日  [最終更新日]2016年11月6日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの痛快時代小説

軽く読める作品を上げてみました。どの作品も難しいことは考えずに、ただただ楽しいひと時を過ごすことのできる小説だと思います。
吉原御免状 ( 隆慶一郎 )
色里吉原を舞台に神君徳川家康が書いたといわれる神君御免状を巡り、宮本武蔵に肥後で鍛えられた松永誠一郎が、裏柳生を相手に活躍する波乱万丈の物語です。
とんずら屋シリーズ ( 田牧 大和 )
隠された過去を持つ弥生という娘の「夜逃げ屋」としての活躍を描く、連作の短編集です。痛快活劇小説と言えるでしょう。この作家には他にからくりシリーズという娘が主人公のシリーズもあります。
口入屋用心棒シリーズ ( 鈴木 英治 )
浪々の身で妻を探す主人公の湯瀬直之進の生活を追いながら、シリーズの設定がどんどん変化していく、少々変わった物語です。ですが、鈴木節は健在で、この作家の種々のシリーズの中で一番面白いかもしれません。
風の市兵衛シリーズ ( 辻堂 魁 )
主人公が「渡り用人」というユニークな設定で、痛快と言うにふさわしい、とても読み易いシリーズです。
はぐれ長屋の用心棒シリーズ ( 鳥羽 亮 )
主人公は剣の達人だが、隠居の身です。だから立ち回りも時間を経ると息切れしてしまいます。だから、同じ年寄りたちが助け合い、戦うのです。隠居とは言えまだ五十歳代の登場人物です。還暦を過ぎたわが身としては、少しの寂しさが・・・・。他にも剣客春秋シリーズ など、面白い作品がたくさんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です