海堂 尊

イラスト1
Pocket

新刊書

新潮社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは ナニワ・モンスター [ 海堂尊 ] へ。


浪速府で発生した新型インフルエンザ「キャメル」。致死率の低いウイルスにもかかわらず、報道は過熱の一途を辿り、政府はナニワの経済封鎖を決定する。壊滅的な打撃を受ける関西圏。その裏には霞が関が仕掛けた巨大な陰謀が蠢いていた―。風雲児・村雨弘毅府知事、特捜部のエース・鎌形雅史、大法螺吹き・彦根新吾。怪物達は、この事態にどう動く…。海堂サーガ、新章開幕。(「BOOK」データベースより)

海堂尊の物語は、彼が医者として力を入れている死亡時画像病理診断(オートプシー・イメージング:Ai)についての想いを前面に打ち出した作品群と、それ以外の作品とに分かれていると思います。残念ながら前者の作品群は作者の想いが強すぎるのか、頭の良さが先走るのかは分かりませんが、読者はおいていかれ、物語自体の面白さは後者の作品群に比して半減していると感じます。そして、本書は残念ながら前者の作品群に属しているのです。

本書の「第一部 キャメル」は、新型インフルエンザ「キャメル」によるパンデミックを思わせる内容で、パニック小説のイントロとしてかなり期待を持たせています。

「第二部 カマイタチ」では場面は東京地方検察庁へと移り、時代も一年ほど遡っています。東京地検特捜部のエース鎌形雅史が浪速地検特捜部へ異動し、浪速府の村雨知事と彦根の思惑は鎌形の取り込みを図りますが、ここでの会話はなかなかについていけないものがありました。この時点で先に述べた前者の作品群の話だと思われ、興味は一気に薄れてしまいます。

特に問題は「第三部 ドラゴン」で、先述したAiの話が展開します。その上で日本の変革の話へと話は移り、当初のよくできたパニック小説という雰囲気から、とんでも話へと、それも読者不在の独りよがりの話へと一大転換してしまうのです。

この作家の頭が良いのは分かりますが、話についていけない読者のことも考えてくれたらといつも思います。それではこの作者の醍醐味は無くなってしまうのかもしれませんが、第一作の「チーム・バチスタの栄光」や「ブレイズメス1990」などは医療小説としても非常に面白い作品があるのですから、このタッチで進めてもらえたらと思うのです。

特に「ジェネラル・ルージュの伝説」は一番私の好みに合っていました。物語にスピードがあり、ヒーローがヒーローとして活躍する定番の話ではるのですが、緊急医療の現場の緊迫感など現場を知る者ならではの面白さを感じたものです。

ま、こんな意見は他では見ないし、本書も面白いという読者が多くいることを考えると、ついていけない読者の愚痴としか言えないのでしょうね。

[投稿日]2016年11月22日  [最終更新日]2016年11月22日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの医療小説

他にも多くの作品がありますが、下記の作品も半分は未読です。
イン・ザ・プール ( 奥田 英朗 )
『精神科医伊良部シリーズ』の第1作で、伊良部総合病院の地下にある神経科を舞台に患者とその医師とを描いた短編小説集です。第127回直木賞候補作品にもなりました。
神々の沈黙 ( 吉村 昭 )
世界各地で行われた心臓移植の試みでの担当医の野心と挫折や患者の期待と苦悩など、それにまつわる人間のドラマを浮彫りにした、感動のドキュメンタリー小説。
チーム・バチスタの栄光 ( 海堂 尊 )
現役の医師が描いた、田口公平という通称愚痴外来を任されている実に人のいい医師と、強烈な個性の持ち主である役人の白鳥圭輔との掛け合いが見事な、バチスタ手術にかかわる殺人事件の謎を解明するミステリーです。
鹿の王 ( 上橋 菜穂子 )
戦士団の頭であったヴァンは奴隷として囚われていたが、ある日黒い獣の一団が襲ってきた後、鉱山の者皆が流行り病で死んでしまう。生き残ったのはヴァンと幼子だけだった。第4回日本医療小説大賞を受賞しています。
使命と魂のリミット ( 東野 圭吾 )
帝都大学病院の心臓血管外科の権威であり、父親の執刀医でもあった西園教授のもと、氷室夕紀は研修医として働いていた。その>帝都大学病院に医療ミスを公開せよとの脅迫状が届いた。
本

関連リンク

海堂尊 『ナニワ・モンスター』 | 新潮社
波 2011年5月号より 【海堂 尊『ナニワ・モンスター』刊行記念対談】 「思考停止社会」からの脱却
『スカラムーシュ・ムーン』 (海堂尊 著) | 今週の必読 - 週刊文春WEB
海堂ワールドのなかでも、まさに“現在地”を描いて虚実皮膜の面白さに満ちた野心作が二〇一一年発表の『ナニワ・モンスター』であり、その続編に当たる本書『スカラムーシュ・ムーン』なのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です