海堂 尊

イラスト1
Pocket

文庫

KADOKAWA/角川書店

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは アクアマリンの神殿 [ 海堂尊 ] へ。


桜宮市にある未来医学探究センター。そこでたったひとりで暮らしている佐々木アツシは、ある深刻な理由のため世界初の「コールドスリープ」技術により人工的な眠りにつき、五年の時を超えて目覚めた少年だ。“凍眠”中の睡眠学習により高度な学力を身につけていたが、中途編入した桜宮学園中等部では平凡な少年に見えるよう“擬態”する日々を送っていた。彼には、深夜に行う大切な業務がある。それは、センターで眠る美しい女性を見守ること。学園生活に馴染んでゆく一方で、少年は、ある重大な決断を迫られ苦悩することとなる。アツシが彼女のためにした「選択」とは?先端医療の歪みに挑む少年の成長を瑞々しく描いた、海堂尊の新境地長編! (「BOOK」データベースより)

モルフェウスの領域』の続編です。

前作『モルフェウスの領域』の最後で、目覚めた佐々木アツシの代わりにコールドスリープ技術により日比野涼子が眠りにつきました。本作では、前作とは逆に眠れる日比野涼子の世話を佐々木アツシが行っています。

佐々木アツシは五年間の眠りを終えてから、両眼失明の危機を乗り越えて現在は桜宮学園中等部に通っています。冷凍睡眠の間に睡眠学習で高度な学力を身につけてはいましたが、そのことを隠しつつ、普通の中学生として、そして進級もして高等部での日々を送っています。

この学生生活の中で、クラスメートの麻生夏美や蜂谷一航、北原野麦らと共に「ドロン同盟」なるグループを作り、冷凍睡眠で体験できなかった青春時代を送っているのです。この側面ではまさに佐々木アツシを主人公とした青春小説です。

でも、この作者独特の言葉の遊びの世界が展開されているのは残念でした。「ドロン同盟」なるグループそのものの意味、そしてその仲間での会話がまた分かりにくいのです。私らが一般に思う中学生や高校生ではありません。知的遊戯を楽しむだけの能力をもった、少なくとも私とはかなり異なった感覚の持ち主なのです。

佐々木アツシには、中・高校生の生活を送る青春小説の主人公としての佐々木アツシとは別に、彼の住居でもある来医学探究センターでの日比野涼子の世話の担当者としての生活とがあります。センターでのアツシはその知力を隠すことなく、コールドスリープの開発者であり後見人でもある西野昌孝やマサチューセッツ工科大学の曽根崎伸一郎教授などと対等に会話をこなしているのです。そう言えば、ここでの会話も私にはついていけない感がありました。

この作者の『ひかりの剣』などをみると、青春小説を書かせてもかなり面白い物語を書くことはできそうなのに、どうしてエンターテインメントとして読みやすい物語を書かれないのかと、本書のような作品を読むたびに思います。そういう意味でも好みとはは少し外れた物語でした。

[投稿日]2017年04月24日  [最終更新日]2017年4月24日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの青春小説

青春小説としては多くの作品があります。下記はその中のごくごく一部です。
武士道シリーズ ( 誉田 哲也 )
誉田哲也著の『武士道シリーズ』は、王道の青春小説です。この作家の他の作品にみられるホラーテイストは微塵も無く、空はどこまでも青く澄み渡っている青春世界です。
サマータイム ( 佐藤 多佳子 )
佐藤多佳子デビュー作で、表題の「サマータイム」他3篇からなる(連作の)短編集で、透明感のある青春小説です。
武曲(むこく) ( 藤沢 周 )
ラップ命という高校生羽田融(はだとおる)が剣道部のコーチ矢田部研吾から一本を取り、剣道にのめり込んでゆく。高校生羽田融とアル中コーチ矢田部研吾の内面に深く切り込む「超純文学」。明るい青春小説ではありませんでした。
四度目の氷河期 ( 荻原 浩 )
本書は主人公であるワタルの青春期です。母子家庭で育っている少年の、一人遊びの中での少女との出会い、周りから無視される小学生時代、性への目覚めがあり、中学校に上がってからやり投げと出会い、そして旅立ちと、正確には四歳から十八歳までの成長の記録です。
古典部シリーズ ( 米澤 穂信 )
青春ミステリ小説として第五回角川学園小説大賞奨励賞を受賞した作品で、高い評価を受けているシリーズです。
本

関連リンク

読書のいずみ-座・対談 海堂 尊さん(医師・小説家)|全国大学生活協同
海堂さんの作品は医療モノというイメージが強く今回も最初は“コールドスリープ(凍眠)”など医療ネタが出てきますが、それだけでなく学園的な要素もあり主人公が成長していく様子も合間に挟んでいきながらの展開でしたね。
【海堂尊インタビュー】ミッシングリンクになるのは明るく楽しい学園小説だっ
海堂尊『アクアマリンの神殿』は奇妙な成り立ちを持つ小説だ。海堂の小説はすべて同じ世界観の中で書かれており、当然のことながら作品相互にも関連がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です