井上 荒野

イラスト1
Pocket

文庫

角川春樹事務所

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 楽天Books へ。


長編と言ってもよさそうな、全部で11篇の連作短編集です。

各短編は三人の女性それぞれの視点で、交互に語られていきます。三人の女性、それは舞台となる「ここ家」という惣菜屋さんのオーナーである江子、その従業員である麻津子、そして「ここ家」には三か月前に入ったばかりの新入りの郁子の三人です。三人共に60歳、もしくは60歳を超えたばかりのおばさんたちで、現在のところ三人ともにひとり身です。当然のことながら、それなりの過去を持っています。

この三人の前に現れたのが米屋の配達担当の新人の春日進です。江子は、江子、麻津子、郁子、そして進と揃い、来る、待つ、行く、進でロイヤルストレートフラッシュだとはしゃぎます。

店を終えると、江子と麻津子は行きつけのスナック「嵐」に行き、郁子は一人家に帰ります。そして、三十四年前に二歳で亡くなった息子草(そう)と半年前にこの世を去った夫俊介の写真を前に一人ビールを飲むのです。こうして冒頭の第一話は終わります。

「ここ屋」のおいしそうな惣菜の香りを漂わせながら、小気味いいリズムを持った文章で登場人物の紹介を兼ねた形ですね。この時点で、さすがにうまいものだと感心しているうちに、物語の世界に惹きこまれているのです。

切羽へ』で見せていた官能の香りは本編ではありません。代わりに、うまそうな惣菜の香りと、それにおばさん達の小気味いい会話、そして意外と若々しい一面を見せるおばさん達の女としての顔、があります。ただ、『切羽へ』でも理解できなかった女性たちへ思いは本書でも同じです。私と同世代の彼女らの女としての側面は私の理解の外にありました。江子は別れたかつての旦那を思いきれず、今でも一、二カ月に一度、元旦那の家を訪ねているなど、何なのだ、と思ってしまいます。

本書のような設定の女性は作者の頭の中だけの話なのか、現実の女性たち一般としてありうる話なのか、友人の女性に聞くと、こうした疑問を持つことがおかしいと、さも当たり前の話のように、「現実にある」と言い切りました。

各短編ごとに惣菜のレシピを紹介しながらも、おばさん三人のそれぞれの生活や心情を、軽いユーモアに包みながら、綴っていきます。平凡な日常の、平凡であるが故の幸せを、善人しか出てこないこうした物語で噛みしめてみるのもいいのではないか、と思わせてくれる、心温まる物語です。

[投稿日]2015年09月09日  [最終更新日]2016年1月12日
Pocket

おすすめの小説

女性を主人公に描いた小説

現代小説、時代小説というジャンルをとわず、女性を主人公にし、その生き方や内面を深く描いた作品を集めてみました。ですから、作品としてのタッチは雑多になっています。
鍵のない夢を見る ( 辻村 深月 )
日常からのちょっとした逸脱に翻弄される女性達を描いた作品集。直木賞受賞作です。
阪急電車 ( 有川 浩 )
阪急電車の今津線でのほんの十数分の間の出来事を、各駅ごとの章立てで描き出した、ほんわかとした小編で出来ている連作短編集です。
サマータイム ( 佐藤 多佳子 )
佐藤多佳子デビュー作で、表題の「サマータイム」他3篇からなる(連作の)短編集で、透明感のある青春小説です。
恋歌 ( 朝井 まかて )
樋口一葉らの師である歌人中島歌子を描いた作品。ひとりの女性の、天狗党に参加した夫への恋物語です。本屋が選ぶ時代小説大賞2013及び第150回直木賞を受賞しています。
あい ( 高田 郁 )
七十歳を超えて北海道の開拓に身を捧げた関寛斎の妻である「あい」の、ひたすらに明るくそして侍の妻であり続けた女性の、逞しく生きた物語です。
春告鳥 女占い十二か月 ( 杉本 章子 )
「女用知恵鑑宝織」(おんなようちえかがみたからおり)という実際に出版されていた占いの本をネタに、各月の占いになぞり、十二通りの女の喜びを、また悲哀を描いている短編集です。
本

関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です