池井戸 潤

イラスト1
Pocket

文庫

講談社; 新装版

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 銀行総務特命新装版 [ 池井戸潤 ] へ。


帝都銀行で唯一、行内の不祥事処理を任された指宿修平。顧客名簿流出、現役行員のAV出演疑惑、幹部の裏金づくり…スキャンダルに事欠かない伏魔殿を指宿は奔走する。腐敗した組織が、ある罠を用意しているとも知らずに―「総務特命担当者」の運命はいかに!?意外な仕掛けに唸らされる傑作ミステリー。(「BOOK」データベースより)

本書と同じく池井戸潤が書いてテレビドラマ化され大ヒットとなった「半沢直樹」原作本の『オレたちバブル入行組』同様に、「花咲舞が黙ってない」というタイトルでテレビドラマ化され話題になったのは『不祥事』という小説ですが、本書掲載の物語もドラマのエピソードとして使用されており、他に『銀行狐』『銀行仕置人』『仇敵』『かばん屋の相続』などからも同様にエピソードが使用されているそうです。

本書の主人公は指宿修平といい、総務特命担当という銀行内部の不祥事を処理することを職務としています。つまりは、銀行内部の様々なトラブルを扱う部署であって、ドラマになりやすい部署と言えるのかもしれません。

結局、銀行を舞台にした痛快経済小説という点では『半沢直樹』と同じジャンルの作品と言えるのでしょうが、そこはもちろん主人公が働く部署を違え、異なる物語として仕上げてあります。本書はトラブル解消こそ使命とする総務特命担当という部署なので、そこで扱うトラブルは銀行内部のことはもちろん対外的な事案も扱います。ということは『半沢直樹』での融資、という銀行ならではの舞台とは異なり、銀行を舞台にした様々な人間ドラマをそのまま扱うことになり、より小説向きと言えるのかもしれません。

つまりは銀行とは言っても会社組織であり、上司によるパワハラや顧客の情報漏えい、現行行員のAV出演疑惑等々のいずこの会社で起きうる問題も取り上げられているのです。ただ、銀行故に起きるトラブルの場面も多く登場します。融資に絡む情実などは特に銀行独自の問題と言えるでしょう。

そうした場面は銀行の内情をよく知る池井戸潤という作家だからこそ書ける事案でもあります。そういう銀行業務に詳しい作家という点で、普段見聞きすることのない銀行業務の紹介的内容にもなっている点も見逃せない内容になっています。

銀行を舞台にした小説と言えば忘れてはならないのが高杉良の『金融腐蝕列島』でしょう。この作品は第一勧業銀行や野村證券といった証券・金融業界で起きた総会屋利益供与事件を予見した作品として話題になりました。

実は私はこの作品をまだ読んでいないのですが、テレビで放映された『金融腐蝕列島』シリーズの第二巻である『金融腐蝕列島・呪縛』を原作とする映画を先に見てしまいました。主人公を役所広治が演じた、総会屋への不正融資問題を扱った作品で、思ったよりも見ごたえのある作品だった記憶があります。

そして、私にとって経済小説と言えば城山三郎が一番に上がります。その作品の中で銀行を描いた作品と言えば『小説日本銀行』でしょう。内容はほとんど忘れていますので、「政界と財界にまたがって、絶大な権力をふるう〈法王庁〉日本銀行。終戦直後の激動する時代を背景に、大蔵省との対立関係の中で、狂乱化したインフレを終息させようという理想に燃えた新入日銀マンが、その一途さ故にエリート・コースから蹴落されてゆく姿を、さまざまな視角から捉えて、巨大な機構の内実を浮彫りにする。」という惹句を引用させていただきます。(新潮社サイト 電子版 : 参照)

[投稿日]2017年01月16日  [最終更新日]2017年1月16日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの経済小説

『ハゲタカ』は未読ですが、それ以外の作品はすべて読んでいます。どの作品もリアリティに富んだ小説です。
価格破壊 ( 城山 三郎 )
ダイエーの創業者中内功がモデルの、一代で巨大スーパーマーケットを築き上げた男の物語です。
ハゲタカ ( 真山 仁 )
「ハゲタカ」と呼ばれた投資ファンドを描いた話題作です。NHKでドラマ化され評判を呼びました。
炎熱商人 ( 深田 祐介 )
ある商社マンがフィリピンで直面する現実を描いた物語で、第87回直木賞を受賞した作品です。
油断! ( 堺屋 太一 )
堺屋太一氏が現役の通産官僚時代に書いた本で、石油の輸入が制限された日本はどうなるのかを描いた小説です。
大番 ( 獅子 文六 )
少々古い本(1960年代)ですが、戦後の東京証券界でのし上がった男の一代記を描いた痛快人情小説です。日本橋兜町での相場の仕手戦を描いていて、面白さは保証付きです。
本

関連リンク

花咲舞が黙ってない』のもうひとつの原作本! 不祥事を見抜く「特命」の仕事とは?
『銀行総務特命』は池井戸潤氏著の短編小説集だ。この本は同氏の小説『不祥事』とともに、4月から放送開始の杏主演のドラマ『花咲舞が黙っていない』の原作本である。
池井戸潤の「不祥事」と「銀行総務特命」が原作。ドラマ「花咲舞が黙ってない」
「花咲舞が黙ってない」は小説「花咲舞が黙ってない」が原作でなく、池井戸潤さんの「不祥事」と「銀行総務特命」2冊の小説が原作になって構成されています。
銀行総務特命 - 現代ビジネス
この『銀行総務特命』は、池井戸潤にとっての4冊目の著作となる短篇集であり、2002年8月に刊行された。
原作|花咲舞が黙ってない|日本テレビ
日本テレビ「花咲舞が黙ってない」公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です