池井戸 潤

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 下町ロケット(2) ガウディ計画 [ 池井戸潤 ] へ。


ロケットから人体へ―佃製作所の新たな挑戦!前作から5年。ふたたび日本に夢と希望と勇気をもたらすエンターテインメント長編!!

テレビドラマ化もされた『下町ロケット』の続編となる長編小説で、テレビドラマでは、後半の「ガウディ編」の原作となっている作品です。

ロケットのバルブシステム開発に伴う様々な障害を乗り越える姿を描いた前作でしたが、今回は佃製作所が医療の分野、それも心臓手術に使用する人工弁の開発に挑戦する姿が描かれます。

今回は、サヤマ製作所という新興の企業が佃製作所の前に立ちふさがります。サヤマ製作所は佃製作所の取引先の一つである日本クラインに取り入り、既に佃製作所に対し大量発注してあった人工心臓用のバルブの取引中止の原因を作り、またロケットエンジンの開発関連の取引先であった帝国重工とも、コンペという形で取引を競うことになってしまうのです。

そうした折、かつて佃航平のもとから喧嘩別れのように出ていった真野賢作が、心臓に埋め込む人工弁「ガウディ」の開発の話を持ちこんできます。国産の人工弁開発を目指す北陸医科大学の一村隼人教授らと共に、心臓病に苦しむ子供たちを救って欲しいというのです。

ところが、日本クラインと組んでいる一村教授の師匠のアジア医科大学の貴船教授とが、サヤマ製作所と共に、佃製作所らへの妨害をしかけてくるのでした。

前回の『下町ロケット』とは異なり、巨大企業に挑む弱小企業の戦いや、佃工業内部の資金繰りの側面で苦労を描く場面よりも、人工弁開発に絡む大学教授間の争いや、企業間競争の側面が強いように思えます。

人間の描き方がステレオタイプに過ぎると言えなくもありませんが、それでも面白いものは面白いのです。

小説としての出来は、前巻の『下町ロケット』のほうが面白かったようには思うのですが、いずれにしろ、困難に直面し、乗り越えられないと思う頃に何らかの出来事が発生し事態は好転する、という痛快小説の王道にのっとっている物語です。

佃工業の中小企業なりのまっとうな企業努力こそが勝利するという痛快小説の王道を行く、物語でした。

企業小説として、本ブログの『下町ロケット』の項では 城山三郎の『価格破壊』や
百田尚樹の『海賊とよばれた男』などを例として挙げましたが、ここでは 獅子文六大番を挙げておきたいと思います。

この書籍は少々古い(1960年代)作品ではありますが、戦後の東京証券界でのし上がった男の一代記を描いた痛快人情小説で、日本橋兜町での相場の仕手戦を描いていて、その面白さは折り紙つきです。痛快人情小説という点ではこちらの方が本書に近いかもしれません。

[投稿日]2017年10月03日  [最終更新日]2017年10月3日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの経済小説

ハゲタカ ( 真山 仁 )
「ハゲタカ」と呼ばれた投資ファンドを描いた話題作です。NHKでドラマ化され評判を呼びました。
炎熱商人 ( 深田 祐介 )
ある商社マンがフィリピンで直面する現実を描いた物語で、第87回直木賞を受賞した作品です。
油断! ( 堺屋 太一 )
堺屋太一氏が現役の通産官僚時代に書いた本で、石油の輸入が制限された日本はどうなるのかを描いた小説です。
燃ゆるとき ( 高杉 良 )
ノモンハンの激戦を生き抜いた森和夫を主人公に、築地魚市場の片隅に従業員四人で起業。商社の横暴、ライバル企業との特許抗争、米国進出の苦難を乗り越え、東洋水産は大企業へと育つ。
本

関連リンク

日曜劇場『下町ロケット』 | TBSテレビ
TBSテレビ 日曜劇場『下町ロケット』サイト
池井戸潤氏「下町ロケット2」7月に20日間で書き上げた― スポニチ
ドラマで弁護士役を好演中のパーソナリティー・恵俊彰(50)の熱烈オファーに応え、今月5日に単行本が発売されたばかりの「下町ロケット2 ガウディ計画」執筆秘話を語った。
なぜ日本人は池井戸潤ドラマに惹かれるのか | テレビ | 東洋経済
2013年の大ヒットドラマ『半沢直樹』(TBS系)から2年が過ぎてなお池井戸潤さん原作のドラマが支持される理由は、何なのでしょうか。
『下町ロケット』は“現代の時代劇”だ 福澤克雄チームの必勝パターンと今後への期待
『下町ロケット』(TBS系)が好調だ。初回平均視聴率は16.1%(関東地区)、第3話では18.6%(同)を獲得した。
池井戸潤、「下町ロケット」撮影現場を訪問! 映像化に「奇跡」
阿部寛が主演を務めるドラマ「下町ロケット」最終回の撮影現場に、原作者の池井戸潤が訪問。出演者を激励した。
池井戸潤「下町ロケット」で阿部寛が土屋太鳳と父娘役 | NewsWalker
阿部寛が、10月クールのTBS系日曜劇場枠で放送される「下町ロケット」で主演を務めることが分かった。阿部がTBSの連続ドラマに出演するのは、東野圭吾原作「新参者」以来、5年ぶりとなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です