誉田 哲也

イラスト1
Pocket

新刊書

中央公論新社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 楽天Books へ。


新宿の街を守るために結成された七人からなる歌舞伎町セブンを描いた『歌舞伎町セブン』の続編です。今回は「ダムド」と名乗る殺し屋がセブンの相手として現れます。

日本最大の歓楽街・新宿歌舞伎町。そこに、全裸の男女を凌辱し、惨殺することに快感を得る謎の男がいた。彼は七年前に起きた「歌舞伎町封鎖事件」でジウと出会い、自らもジウになろうとしていた。再び動き出す「新世界秩序」の陰謀、巻き込まれてゆく新宿署の東弘樹警部補、そして「歌舞伎町セブン」。『ジウ』『国境事変』『ハング』、そして『歌舞伎町セブン』、全ての物語がここに繋がる―!「BOOK」データベースより)

誉田哲也の小説らしく、ダムドという殺し屋の殺戮場面はほとんどグロテスクと言えるほどです。だけど、タイトルにもなった「ダムド」ですが、彼の存在感があまりありません。

本書冒頭で登場してしばらくは強烈な個性をもって描かれていてそれなりに期待をもたせてくれます。しかし、冒頭のダムド目線の個所が終わり、リュウらが中心となるこの物語本来の流れに移ると、従来のアクション小説としての顔を取り戻します。そして、『ジウ』や『国境事変』などの物語の流れに乗った小説であることを思い出させるような、意外性をもった物語として展開を始めるのです。

そうなると、ダムドの影が薄くなり、結局ダムドとは何のために登場したのか、という思いだけが残ります。

物語は、『ジウ』からの登場人物である東弘樹警部補がこの新しい物語の配役として登場したり、敵役の組織「新世界秩序」がその貌をのぞかせたりと、新たな展開を見せ面白くなっています。前作の『歌舞伎町セブン』よりは確実にアクション小説としての面白さも増していると思います。

現代の「必殺仕事人」というには舞台が新宿歌舞伎町限定という狭さがありますが、「歌舞伎町セブン」の存在理由が新宿を守ることにあるのですから、それも仕方のないところです。

[投稿日]2016年02月16日  [最終更新日]2016年2月16日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのアクション小説

エンターテインメント性重視というよりも、若干の社会性をもったリアリティ感のある小説です。
新宿鮫 ( 大沢 在昌 )
「新宿鮫」シリーズは、キャリアでありながら第一線で捜査活動を行う新宿署の鮫島警部の活躍が描かれます。シリーズ三作目の『無間人形』で直木賞を受賞しています。
クーデター ( 楡 周平 )
ある宗教団体が世直しと称し、北朝鮮の仕業と見せかけて首都東京にテロを仕掛けます。そこに主人公川瀬雅彦が立ちふさがるのです。侵略ではなく、テロ・アクションものといった方がいいかもしれません。
新宿鮫 ( 大沢 在昌 )
「新宿鮫」シリーズは、キャリアでありながら第一線で捜査活動を行う新宿署の鮫島警部の活躍が描かれます。シリーズ三作目の『無間人形』で直木賞を受賞しています。
Cの福音 ( 楡 周平 )
朝倉恭介、川瀬雅彦を主人公とするシリーズは、どこか大藪春彦の伊達邦彦らを思わせます。ちょっと癖があり、読者を選ぶかもしれません。
船戸 与一
日本の冒険小説の第一人者です。その骨太の小説は綿密な取材の結果であり、濃厚な時間を楽しめます。「山猫の夏」は、ブラジルの片田舎を舞台にした「用心棒」のような設定のアクション小説。
月村 了衛
機龍警察」を始めとする機龍警察シリーズは、SF小説でもあり、ハードアクション小説でもある、重厚感にあふれた小説です。そして、どの作品も、テロルの背景や少年兵の問題など、訴えかける問題には大きなものがありながら、しかし、エンターテインメント小説としてしっかりと仕上がっているのです。
本

関連リンク

歌舞伎町が騒ぐ・揺れる!誉田哲也が描く歌舞伎町アンダーグラウンドエンターテインメント第2弾
7人編成の殺人プロフェッショナル集団「歌舞伎町セブン」は、そこが歌舞伎町であるが故に警察や法律では解決できない問題を根本的に処理してしまうチーム。ただし、その目的はあくまで歌舞伎町のバランスを維持するためであり、私利私欲では決して動かない。
『歌舞伎町ダムド』―歌舞伎町セブンの続編、ついに月刊中央公論にて連載開始決定!
それは現実か都市伝説なのか― 崩壊に直面するこの街と愛しき住人たちを守るために彼らは、現れた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です