東山 彰良

イラスト1
Pocket

文庫

宝島社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 逃亡作法(上)新装版 [ 東山彰良 ] へ。


死刑制度が廃止された近未来の日本。“キャンプ”と呼ばれる刑務所では囚人の自由が拡大されるなど、刑務所の形態が大きく変わり加害者の人権が大幅に保護されていた。だが被害者の家族は納得がいかず、一部では復讐を誓う者同士が手を組み“キャンプ”の襲撃を計画。一方、標的となった囚人たちは“キャンプ”からの脱獄を企てていた。『このミステリーがすごい!』大賞銀賞・読者賞受賞作。(上)
連続少女暴行殺害犯・川原昇に娘を殺された飯島好孝ら遺族たちは、“キャンプ”襲撃計画を実行に移し、管理室を占拠した。だが、一瞬の隙を突き逆襲に出た囚人たちは、「アイホッパー」と呼ばれる、“キャンプ”から脱獄しようとすると眼球が飛び出すようプログラムされたチップの解除パスワードをまんまと入手。刑務所からの脱獄を開始した。第1回『このミス』大賞銀賞・読者賞受賞作。(下) (「BOOK」データベースより)

バイオレンス満載の物語でした。少々やり過ぎではないかというほどに暴力に溢れていて、猥雑という言葉がそのまま当てはまる小説です。

「猥雑」という言葉では、 中島らもの『ガダラの豚』や、 樋口毅宏の『さらば雑司ヶ谷』などがすぐに浮かびます。暴力を前面に押し出し、それでも人間の内心に深く飛び込んでいくような『ガダラの豚』は大作と言ってもいい長編小説ですが、作者の膨大な知識を彷彿とさせる、敬遠しながらも妙に心惹かれるような、微妙な小説でした。

また『さらば雑司ヶ谷』は、「猥雑」という言葉が全面に出ている、個人的には好みからは外れていた小説なのですが、パスティーシュに満ちたこの作品は、読み手のネタ元に対する知識次第では面白さ満載と言えるのかもしれません。

本書に関しては、「このミステリーがすごい!」大賞銀賞を受賞しているそうですが、こうした作品もミステリーと言えるのか、ミステリー性をあまり感じなかった私としては微妙な気持ちです。まあ、「このミステリーがすごい!」大賞自体がミステリー性は重視していないという意見も多々見られるので、それはそれで良いのでしょう。

[投稿日]2017年03月04日  [最終更新日]2017年3月4日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのアクション小説

人間性の描写、などの意図は考えずに、エンターテインメント性の強い、疾走感に満ちたアクション性が強い小説です。ジェットコースターと言われる小説を中心に集めて見ました。
魔獣狩り ( 夢枕 獏 )
エロスとバイオレンスといえばまずこの人でしょう。初期の夢枕獏の作品で、「サイコダイバー」シリーズとも呼ばれます。伝奇及び格闘小説の融合したような物語です。何も考えずにただただ小説世界に浸るべき作品でしょう。
魔界行シリーズ ( 菊地 秀行 )
夢枕獏同様の伝奇小説で「バイオニックソルジャーシリーズ」の一環をなします。異世界のクリーチャー相手に戦いを挑む、エロスとバイオレンス満開の作品です。
鯱シリーズ ( 西村 寿行 )
仙石文蔵をリーダーとする天星、十樹、関根という四人の荒唐無稽なスーパーヒーローの活躍が爽快です。エロス満開ではありますが、アクション小説としても超一流だと思っています。
ザ・キープ ( F.P・ウィルスン )
この作品もまたモダン・ホラーの代表格と言われます。ただ、この時期の同様の作品の中では一番人間が描かれていると思います。本書もナチスが勢いある時代のトランシルヴァニアのとある城塞を舞台に吸血鬼との戦いが繰り広げられます。「ナイトワールド・クロニクル」六部作の第一作です。
グレイヴディッガー ( 高野 和明 )
主人公八神俊彦というワルのある一夜の逃避行を描いた作品で、その疾走感は久しぶりに読みました。「」ジェノサイドは、2012年版の「このミステリーがすごい!」第一位を獲得した作品で、若干アクション性は控えめですが、スケール感は増大しています。ただ、若干の問題が・・・。
本

関連リンク

逃亡作法 - WEB本の雑誌
フィヒテやフロイト哲学を勝手にオレ哲学に翻訳しぶちかます囚人たち。モラルゼロ、悪いヤツほど長生きするのだ。
『このミステリーがすごい!』大賞 ? 第1回『このミス』大賞 銀賞/読者賞 受賞
…そんないつもの夜に、この小説の一行目は、唐突に、だけど、まるでずっと前からそこにいたのだという貌をして、落ちていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です