馳 星周

イラスト1
Pocket

文庫

角川書店

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 楽天Books へ。


「雨期の訪れを告げる夕立」のことをマンゴーレインという、と本文中にありました。

タイで生まれ育った日本人、十河(そごう)将人は幼馴染の富生から女をシンガポールまで運ぶという仕事の依頼を受ける。仏像をも持ちだそうとするその女は何者かの執拗な追跡を受けるのだった。誰しもが「金」のためには何でもするという世界で彼らの行く先はどうなるのか。

本書は、ハードボイルドの定義にもかかわってくるのですが、ハードボイルドというよりも冒険小説と言った方が良いでしょう。主人公の行動の客観的な描写という点ではそうかもしれませんが、主人公個人に対するこだわりよりも物語性に重きが置かれている感じがするからです。

骨太の、読み応えのある作品とは感じるのですが、何故か作品に距離を置いてしまいます。

軽くは読めません。そうではなく、きちんと書き込まれたノワールものが好きな人にはもってこいの作品ではないでしょうか。

古書しか見当たりません。電子書籍ならあるのですが・・・。

[投稿日]2015年04月15日  [最終更新日]2015年4月15日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です