馳 星周

イラスト1
Pocket

文庫

角川書店

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 楽天Books へ。


劉健一は歌舞伎町の中国系やくざの世界で生きていたのだが、かつての相棒呉富春が新宿に帰ってきたことにより、中国系やくざとの抗争が始まる。

これまでの日本やくざとの戦いという枠からはみ出した設定や、登場人物の徹底して情を排した生きざまなど、新感覚のハードボイルドと言われることの多い作家です。

でも、確かに新宿の裏社会を描き中国語が飛び交うという新しい設定ではあるのですが、どちらかと言うと、船戸与一などの雰囲気を感じました。理由は良く分からないのですが、それは書きこまれた描写よるものなのでしょう。

この作品はそれなりに引き込まれて読んだ筈なのですが、何故か次の作品を続けて読もうとはしませんでした。やはり、相性が今一つだったとしか考えられません。

暗いトーンで人間の負の部分を描き出します。重苦しいとまでは言いませんが、明るいタッチを好む方には向きません。でも、人間の負の側面であってもじっくりと読み込もうという方は虜になるかもしれません。

[投稿日]2015年04月15日  [最終更新日]2015年4月15日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です