半村 良

イラスト1
Pocket

電子書籍

集英社

写真は Amazon Kindle版 にリンクしています。

楽天Booksは 江戸打入り【電子書籍】[ 半村良 ] へ。


「打入り」であって「討入り」ではありません。この点を間違えて、タイトルからくるイメージでこの物語の内容を考えていたところ、全く違う内容でした。

豊臣秀吉の小田原・北条攻めの先鋒となった徳川家康の戦いに従う、三河の雑兵、鈴木金七郎が物語の主人公。戦の中で次第に武士としての重要な役割を果たし始める。秀吉の戦勝後、家康は関東移封を命ぜられる。故郷に戻って帰農するか、新天地で武士として生きるか、金七郎たちは選択を迫られる。新天地を選んだ彼らは、最初の江戸っ子として新しい営みを始めることになる。

秀吉から事実上関東移封を命じられた家康は当時の片田舎である江戸に移り住むことになりますが、その折の家康の江戸への移封の話なのです。

主人公は三河の没落豪族の跡取りの鈴木金七郎です。名の示す通り上に男兄弟がいたのですが皆戦などで死んでしまい、男では金七郎しか残っていません。その金七郎が親せき筋の普請担当である松平家の足軽家来となり、小荷駄担当として戦場へ出ます。

本書のほとんどはこの普請担当の足軽が、荷駄を運び、橋を架け、宿営の準備をする様子が描かれているのです。今で言う輜重隊に相当すると言っていいのかよく分かりませんが、この目線で当時の戦場を描いた作品は無いと思います。少なくとも私は知りません。そして戦場での下働きを描くその様が、やはり半村良の物語であって面白いのです。

戦いの中、主人公の金七郎は少しずつ出世をしていき、北条攻めの後には江戸へと向かうことになる家康に従い、共に江戸へと向かいます。

ついた江戸では、勿論江戸城も朽ち果てていて、築城、その前に町づくりから始めることになります。この辺りは戦場の描写に比べると少しさびしいものがあります。タイトルからくる印象とは異なり、江戸入城までの物語とも言えるかもしれません。

家康の江戸城、そして江戸の町の構築という点では2016年の直木賞候補作である門井慶喜の『家康、江戸を建てる』があります。この作品は水害の防止し、貨幣の鋳造、飲料水の確保等の技術的な視点からの江戸の街づくりを描いた作品で読み応えがありました。

[投稿日]2016年09月22日  [最終更新日]2016年9月22日
Pocket

おすすめの小説

戦国時代を描いた歴史小説

戦国時代を描いた作品は数多くあり、同じ人物を多くの作家が描かれています。それぞれの作家の描き方を比べてみるのもまた面白いでしょう。
国盗り物語 ( 司馬遼太郎 )
文庫本で全四巻。前半が斉藤道三、後半で織田信長を描いた作品です。司馬作品は他にも秀吉や如水ら始めとして戦国時代を描いた作品が多数あり、そのどれもが名作と言えます。
徳川家康 ( 山岡荘八 )
国民的作家と言われた山岡荘八の代表作で文庫本で全26巻もある大作です。この作家にも多くの作品があり秀吉や信長も描いています。
新書太閤記 ( 吉川英治 )
国民的作家と言えば吉川英治もそうでしょう。『宮本武蔵』はあまりにも有名ですが、他にも多くの作品があり戦国期に関しても多くの作品があります。
真田太平記 ( 池波正太郎 )
新潮文庫で全12巻の大作で、真田を描いた作品としてはまず挙げられる作品だと思います。『鬼平犯科帳』などが有名ですが、歴史小説も勿論数多く書かれています。
天と地と ( 海音寺潮五郎 )
大河ドラマ「天と地と」の原作で、角川映画で映画化もされています。海音寺潮五郎の代表作であり、謙信の出生から川中島の決戦までが描かれています。。
風林火山 ( 井上靖 )
新田次郎の『武田信玄』とは異なり、信玄に仕えた山本勘助を主人公として描いた小説です。この作品はまた視点が異なり非常に楽しく読みました。
本

関連リンク

半文居 | 半村良オフィシャルサイト
半文居 | 半村良の著作権管理をする「半文居」オフィシャルサイトです。半村作品と関連商品の紹介等を行っていきます。
半村良目録
半村良の雑誌目録をメインにまとめたHPです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です