花村 萬月

イラスト1
Pocket

新刊書

小学館

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 楽天Books へ。


松永弾正とは戦国時代に三好長慶のもとで名を為し、長慶の死後は畿内の混乱の中心にいた武将です。

丹野蘭十郎(たんのらんじゅうろう)は三好範長(みよしのりなが)の屋敷で右筆(ゆうひつ)の空きがあると聞き彼の屋敷を訪れる。そこで松永久秀(まつながひさひで)という男に出会い、何故か久秀に気にいられた蘭十郎は久秀の右筆となり、以後の久秀の語り部となるのだった。

戦国時代を描いた小説では、必ずと言って良いほどに松永弾正という名が出て来ます。しかし、すぐに織田信長により滅ぼされる、権謀術数の巧みな悪役として描かれているのです。そんな松永弾正を彼のそばにいた男の目線で語った物語です。

全編が蘭十郎の目線です。そして、弾正も蘭十郎も関西弁で語ります。この関西弁のテンポ、ニュアンスが独特な雰囲気を更に個性的なものとしているようです。

読み始めは少し冗長と感じました。しかし、次第に「茶の湯とは無価値のものに途轍もない価値を付ける道具商売」だと言い切り、「価値とはもっともらしい嘘」などと言う花村満月の作りだす悪人久秀像に次第に引き込まれていきます。エロスと暴力の世界を良く言われますが、この作者の描く人間はどこかエキセントリックでありながらも、妖しげに魅力を持っています。

語り部たる蘭十郎も、次第に久秀の考え方を理解していきます。その間の二人の在りようの描き方が、実にこの作家ならではの、「掛け合い」なのです。極端に言えば、この作品は久秀と蘭十郎との会話で成り立っています。普通の時代小説とは異なり、久秀の出世の状況などは時代背景説明の中でさらりとふれられているだけです。

後半から終盤に差し掛かり織田信長の名前が見えてくるあたりから物語の動きが大きくなります。特に弾正久秀、蘭十郎と織田信長が対面する場面は圧巻でした。

本書を読み終えたとき、信長でさえも一目置いたと表現される松永久秀という人物が、私の中で、それなりの人物として認識するようになっていました。

[投稿日]2015年04月16日  [最終更新日]2015年4月16日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です