二上 剛

イラスト1
Pocket

文庫

講談社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 黒薔薇 刑事課強行犯係 神木恭子 (講談社文庫) [ 二上 剛 ] へ。


大阪府警の新人刑事・神木恭子は、担当した殺人事件を、別件で関わった老人の訴えを元に解決した。だが老人宅から七体もの死体が発見される。それは府警上層部が隠匿する黒い闇の一部だった。真実を暴こうとする神木だったが、彼女自身もその闇に呑み込まれていく。警察の暗部を元刑事が描く本物の警察小説。(「BOOK」データベースより)

第2回本格ミステリーベテラン新人発掘プロジェクト受賞作である長編警察小説です。

長田署刑事課強行犯係の神木恭子は、強行犯係の矢野係長に気に入られて刑事課へと引っ張られた新米刑事で、「人手は足りんが、化粧くさい奴はいらんのや」と言い切る、無愛想な折原刑事と組まされています。

その新米刑事が、誰も相手をしない年寄りの相手になっているうちに、この老人の知る男がとある殺人事件の犯人であるとの心象を掴み、実際その殺人事件を解決してしまいます。ところが、その老人の家の床下から七対の死体が見つったことから、府警上層部をも巻き込んだ底のしれない闇へとつながっていくのでした。

本書を一言で言えば、暗い。そして、登場人物も決して個性的とは言い難いのです。

主人公神木恭子の相方を務める折原刑事にしても、女性蔑視を公言してはばからないベテラン刑事として描かれています。このキャラクター自体ありがちですが、その彼がいつの間にか神木恭子の庇護者的な存在になったかと思うと、物語の中盤からは全くと言っていいほどにその存在感が無くなっているのは残念でした。

何より気になるのは、神木恭子自身です。本書の序盤では刑事部は向いていないなどと言っていた筈ですが、終盤ではたくましい女性へと変貌しています。その変化の様子こそが作者の狙いなのかもしれませんが、それなら、その過程をもう少し明確にして欲しいのです。折原ほかの登場人物たちの描き方とも併せ中途半端に感じてしまいました。

結局、この物語は神木恭子の成長譚なのかもしれません。はっきりとは書けませんが、この物語はある特定の人物間の人間関係を濃密に描こうとしているようです。その人物のキャラクターが強烈ではあるものの、尻切トンボです。

本書は、小説としての完成度は決して高くはありません。ただ、その分を補って余りあるほどの、警察官としての捜査や会話などの臨場感はものすごいものがあります。

それもその筈で、作者の二上剛という人は元大阪府警の暴力犯担当の刑事だったというのです。臨場感があるのは当然でした。しかし、その元刑事がこれだけの物語を書いたということ自体が見事だと思います。小説としての完成度が高くないのも当然で、逆にそれでいながらこれだけの面白さを持っていることの方が驚きです。

この作者がもっと経験を積み、更に練り上げられた作品を書かれることを期待したいと思います。

[投稿日]2017年10月22日  [最終更新日]2017年10月22日
Pocket

おすすめの小説

女性を主人公に描いた推理小説

凍える牙 ( 乃南 アサ )
「女刑事・音道貴子シリーズ」の一冊で、重厚な作品で読み応えがあります。直木賞受賞作です。
刑事・雪平夏見シリーズ ( 秦 建日子 )
大酒飲みで、無駄に美人といわれている女性刑事を主人公とする警察小説です。本書は、篠原涼子主演でテレビドラマ化され人気を博した「アンフェア」の原作でもあります。
女性秘匿捜査官・原麻希シリーズ ( 吉川 英梨 )
警視庁鑑識課に勤める原麻希は、かつての上司の戸倉加奈子と共にそれぞれの子供を誘拐され、誘拐犯の指示に従うようにと指示される。そこにはかつて壊滅したはずのテロ集団「背望会」の影が見えるのだった。
アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子 ( 深町 秋生 )
真相究明のためなら手段を選ばず、警視総監賞や方面本部賞を何度も受けている警視庁上野署組織犯罪対策課の美人刑事八神瑛子が躍動する、ジェットコースター警察小説。
姫川玲子シリーズ ( 誉田 哲也 )
「姫川玲子シリーズ」の一作目であり、警視庁捜査一課殺人犯捜査係の姫川玲子を中心に、刑事たちの活躍が描かれます。若干猟奇的な描写が入りますが、スピーディーな展開は面白いです。
本

関連リンク

『黒薔薇 刑事課強行犯係 神木恭子』二上 剛|講談社ノベルス|講談社
嬉しくて跳び上がり、天井に禿げ頭を打ちそうです。この喜びを分かち合える人がいることも幸せです。素人ですので、下手な表現でもいいからわかりやすく書くこと、展開を複雑にすること、そして何より楽しんで書くことなどを心がけました。
二上剛「黒薔薇 刑事課強行犯係 神木恭子」特設サイト|講談社文庫
大阪府警新人刑事・神木恭子は、殺人事件を別件で関わった老人の訴えから解決する。しかし老人宅から七体もの死体が発見される。それは府警上層部が隠す闇の一部だった。やがてそれは捜査する神木をも巻き込んでいく……。
美女刑事も腐敗も圧倒的にリアル!「元大阪府警刑事」が書いた警察小説
本格ミステリーベテラン新人発掘プロジェクト。これはその名の通り、島田荘司(しまだ・そうじ)さんと講談社がタッグを組み、応募を60歳以上の方に限定したミステリー小説の新人賞でした。
作家・二上剛氏の警察小説を貫地谷しほり×岸谷五朗で映像化!警察
元大阪府警暴力犯担当刑事の小説家、二上剛氏の「第2回本格ミステリーベテラン新人発掘プロジェクト」受賞作「黒薔薇 刑事課強行犯係 神木恭子」が女優・貫地谷しほり(31)の主演でドラマ化され、テレビ朝日系で放送される(放送日未定)。
元刑事が描いたリアリティー溢れる警察小説を貫地谷しほり主演で
テレビ朝日系では、元大阪府警暴力犯担当刑事という経歴を持つ二上剛が退職後に書き上げ、「第2回本格ミステリーベテラン新人発掘プロジェクト」を受賞した話題の警察小説を、同名タイトルで映像化。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です