堂場 瞬一

イラスト1
Pocket

新刊書

KADOKAWA/角川書店

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 十字の記憶 [ 堂場瞬一 ] へ。


新聞社の支局長として20年ぶりに地元に戻ってきた記者の福良孝嗣は、着任早々、殺人事件を取材することになる。被害者は前市長の息子・野本で、後頭部を2発、銃で撃たれるという残酷な手口で殺されていた。一方、高校の陸上部で福良とリレーのメンバーを組んでいた県警捜査一課の芹沢拓も同じ事件を追っていた。捜査が難航するなか、今度は市職員OBの諸岡が同じ手口で殺される。やがて福良と芹沢の同級生だった小関早紀の父親が、20年前に市長の特命で地元大学の移転引き止め役を務め、その後自殺していたことがわかる。早紀は地元を逃げるように去り、行方不明になっていた…。(「BOOK」データベースより)

本書には記者である福良孝嗣と刑事である芹沢拓という二人の探偵役がいます。彼らは高校時代の同級生であり、扱う事件の根底に二十年前の高校時代の一夜が絡むことから協力関係を築くのです。

この作家の中では異色の雰囲気を持った作品でした。というのも、この作者の描く推理小説は作品の情景描写等の書き込みも緻密で、大部分の作品は、どちらかというとハードボイルドタッチの孤高な男を主人公に据えたものが多かったように思います。

しかし、本作品は作者自身も「本作は警察小説ではありますが、一方で青春小説でもあります。」と言っているように、探偵役の二人の高校時代からの友情に対する試金石のような側面もあってか、いつもなら登場人物の書き込みなどが緻密に為され、物語のリアリティを増しているのに、今回はその緻密さをあまり感じませんでした。

この作家には推理小説作家とは別の貌があります。それはスポーツ小説の書き手という貌であり、ベストセラーともなった『チーム』やラグビーを描いた『二度目のノーサイド』など、そちらでは見事な青春小説を書かれています。とくにラグビーの世界を描いた小説を私は他に知りません。作者本人が経験者ということもあるのでしょうが、推理小説の世界での男くさい物語がスポーツの世界でも描写されているのです。

ところが、本書では推理小説でありながら青春小説としての側面も持つ、という試みをされたと言われてますが、決して上手くいっているとは思えなかったのです。過去の青春時代につながるという犯罪動機の面で読者である私を納得させるものではなく、不満が残ったものと思われます。

新聞記者と警察官という、慣れ合ったり、情報の交流などはあってはいけない対立的な立場にあって、しかし青春の一時期を共有した二人の関係性を主軸に、謎解きは謎解きとしてそれなりに面白く読んだ小説でした。しかしながら、この作家の他の作品と比すとどうしても要求が大きくなってしまうのです。

[投稿日]2016年12月15日  [最終更新日]2016年12月15日
Pocket

おすすめの小説

読み応えのあるおすすめの小説

社会派の推理小説から、冒険小説、SFと様々なジャンルの読み応えのある作品を書き抜いてみました。他にも紹介したい作品は多くあるのですが、少しずつ挙げておきたいと思います。
64(ロクヨン) ( 横山 秀夫 )
広報官である三上を主人公とした、従来の警察小説とは視点を異にした作品で、D県警管轄内で昭和64年に起きた誘拐殺害事件を巡る刑事部と警務部との衝突の様を、人間模様を交え見事に描き出している警察小説です。
凍える牙 ( 乃南 アサ )
「女刑事・音道貴子シリーズ」の一冊で、重厚な作品で読み応えがあります。直木賞受賞作です。
マークスの山 ( 高村 薫 )
直木賞受賞作品。この本を含む「合田雄一郎刑事シリーズ」は骨太の警察小説です。
探偵・畝原シリーズ ( 東 直己 )
札幌を舞台にしたハードボイルド小説です。探偵の畝原の地道な活躍を描き出しています。映画化もされた、ユーモラスなススキノ探偵シリーズの方が有名かもしれませんが、このシリーズも実に味わい深いものがあります。
破門 ( 黒川 博行 )
建設コンサルタント業の二宮と暴力団幹部・桑原の「疫病神コンビ」が活躍します。今回の桑原は、ヤクザをも騙した詐欺師を追いかけて本家筋の極道を痛めつけてしまい、万事窮してしまいます。
本

関連リンク

「堂場瞬一の100冊」プロジェクト96冊目 - PR Times
出版社11社合同「堂場瞬一の100冊」プロジェクト96冊目、堂場瞬一著『十字の記憶』を発売!著者サイン入り読者プレゼント企画もスタート!
超人的な仕事量を誇る男・堂場瞬一 通算執筆作品数100冊突破
『アナザーフェイス』シリーズや『複合捜査』などの作品で知られる堂場瞬一の著作が、2015年10月に刊行予定の『Killers 上・下』をもって、通算執筆作品数100冊を突破する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です