知野 みさき

イラスト1
Pocket

文庫

白泉社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは しろとましろ 神田職人町縁はじめ (白泉社招き猫文庫) [ 知野みさき ] へ。


小物に手の込んだ刺繍を施す、腕の良い縫箔師である咲。ある日、立ち寄った日本橋で、飛燕の意匠が施された簪に目を奪われる。買おうとしたその時…(「飛燕の簪」)。咲と男前だが女たらしの簪職人の修次は、突如現れた双子「しろ」と「ましろ」に翻弄されながら、刺繍や意匠をきっかけに不思議な縁を紡いでいく。ほろりと泣ける、文庫書き下ろし三編。(「BOOK」データベースより)

全部で三話からなる、人情ものの連作の短編時代小説集です。

本書の主人公は、縫箔師として身を立てている、もう二十六歳にもなる咲という名の女職人です。

縫箔とは何なのか、不勉強な私は何も知らなかったのですが、調べると「縫箔は、縫い(刺しゅう)と箔(摺箔(すりはく))を用いて裂地(きれじ)に模様加工をすること。」とありました。( 『職人尽絵詞』に見る、『江戸時代の職業・風俗』 : 参照 )

この縫箔師の女職人が、ひょんなことから知り合った修次という簪職人とともに、いずこともなく現れたしろとましろという双子の子らを狂言回しとしながら、心がほんのりと暖かくなる人情話を繰り広げます。

第一話「飛燕の簪」では、奉公に出る姉のために簪をもとめる一人の男の子に一肌脱ぐ二人を、第二話「二つの背守」では、生き別れになった年老いた姉妹の再会の物語を、第三話「小太郎の恋」では、蕎麦屋で出会った小太郎という大工の恋模様の話がそれぞれに語られます。

そもそも、この物語のベースはしろとましろという正体不明の双子なのですが、この双子が、主人公の咲がよくお参りする小さな稲荷神社の小さな鳥居の脇に鎮座する神狐の化身ではないか、との思わせぶりに登場をしながら正体不明のままに物語は進みます。

そして、第一話で知り合った簪職人の修次とともに、縫が関わることになるそれぞれの話で巻き起こるいざこざを解決していくのです。

設定はファンタジックで面白く、なかなかに関心を持って読み始めました。

ただ、今ひとつ話にのりきれません。どうしても物語自体が深みを感じられず、上っ面を流れていく感じなのです。多分、それは登場してくる人物についての書き込みがあまり無いことと、話の流れが少々都合が良すぎることなどに原因があると思います。

この作者の『上絵師 律の似面絵帖シリーズ』ではそうしたことは感じなかったのですから、本作については作者があえてそのように書いたものなのでしょうか。もしかしたら、本作と『上絵師 律の似面絵帖シリーズ』との間には一年間という機関があることから、作者の力量が挙がったのかもしれません。

ともあれ、新しい時代小説としての書き手として注目していい作家の一人であることは間違いないと思っています。

[投稿日]2018年04月27日  [最終更新日]2018年4月27日
Pocket

おすすめの小説

女性が描くおすすめの人情小説

立場茶屋おりきシリーズ ( 今井 絵美子 )
品川宿門前町にある「立場茶屋おりき」の二代目女将のおりきの、茶屋に訪れる様々な人との間で織りなす人間模様が、美しい条件描写と共に語られます。
髪結い伊三次捕物余話シリーズ ( 宇江佐 真理 )
髪結いの伊三次とその妻とお文、そして伊三次が世話になっている同心の不破友之進の家族の物語です。
みをつくし料理帖シリーズ ( 高田 郁 )
天涯孤独の身である澪は、かつての雇い主であった大阪の「天満一兆庵」の再興を夢に、江戸は「つる家」で様々な事件を乗り越えて生きていく。
信太郎人情始末帖シリーズ ( 杉本 章子 )
呉服太物店美濃屋の跡継ぎの信太郎と引手茶屋千歳屋の内儀おぬいの二人を中心とした人間模様を描く人情物語です。
御薬園同心 水上草介シリーズ ( 梶 よう子 )
御薬園同心の水上草介を主人公とする、心温まる人情劇です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です