東 直己

イラスト1
Pocket

文庫

ハルキ文庫

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 楽天Books へ。


ススキノ探偵シリーズ」とは異なり、正統派のハードボイルド作品です。

饒舌な「俺」とは異なり、一人娘を溺愛するよき父親でもある主人公は無駄口をたたくことは殆どありません。

志水辰夫の叙情性はなく、北方謙三のクールさもありませんが、とても読みやすい文章で、各巻共かなりの長尺なのですが長さのわりに割と楽に読めると思います。

どうしてもこの作家の「ススキノ探偵シリーズ」と比べてしまい、確かに、ススキノ探偵の方が私の好みではあるのです。しかし、本シリーズも面白い作品であることは間違いありません。社会の矛盾を毎回のテーマとし、その矛盾からくる事件に正面から取り組む主人公の魅力は「俺」に勝るとも劣らないものがあります。

本シリーズも主人公を取り巻くキャラクターがよく配置してあり、物語世界に浸っていれば、気付けば時が過ぎていることでしょう。

こちらのシリーズの方が正当派な分だけ好きだという人もかなりいるのではないでしょうか。

探偵・畝原シリーズ(2015年04月01日現在)

[投稿日]2015年03月30日  [最終更新日]2015年3月30日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です