東 直己

ススキノ探偵シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 楽天Books へ。


馴染みの退職刑事種谷からの突然の連絡。呼び出しの応じた“俺”を待っていたのは「殺人容疑者と親友になれ」という頼みだった。未解決のままの女子高生行方不明事件の証拠を見つけるため、容疑の濃厚な男の家に上がるまでになれ、ということらしい。“俺”は、バーでの偶然の出会いを装い、男に近づくことを企む。そしてそれは生涯最低の冬の幕開けでもあった。(「BOOK」データベースより)

 今回の物語の対象となる男がかなりいやらしい男として描かれていて、感情移入しにくい物語でした。
 物語の核となる人物が問題で、筋立ても少々無理が感じられ、このシリーズの中では低評価の一冊と感じました。

 こうして見ると、最初に読んだ「探偵、暁に走る」が一番面白く読めた本のような気がします。

 核となる人物のキャラクターもしっかりと書き込まれていて、主人公が関わっているその筋立てもまったく無理が感じられません。
 比べてはいけないのかもしれないけれど、それに比べてこの一冊は・・・、とどうしても思ってしまいます。

[投稿日]2015年03月30日  [最終更新日]2015年3月30日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です