あさの あつこ

弥勒シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 冬天の昴 [ あさのあつこ ] へ。


「親分、心など捨てちまいな、邪魔なだけだぜ」たった独りで、人の世を生きる男には、支えも、温もりも、励ましも無用だ。武士と遊女の心中は、恋の縺れか、謀か。己に抗う男と情念に生きる女、死と生の狭間で織りなす人模様。(「BOOK」データベースより)

「弥勒」シリーズ第五弾の長編小説です。

前巻の『東雲の途』では、清之介が自分の生国へと旅立ち、自らの過去と正面から向き合うことになりました。それに対し、本書は木暮信次郎の物語と言えます。

同心である信次郎の物語、つまりは捕物帳の側面が前面に押し出された物語となっています。ある同心と女郎との心中事件が起きるのですが、何か違和感を感じ、十年前にもあった似たような事件を調べなおします。そこに、信次郎の今の情婦とでも言うべき品川宿「上総屋」の女将であるお仙の過去が絡んでくるのです。

信次郎の頼みで十年前の事件を調べるお仙ですが、物語は、お仙の陰の警護につくのが信次郎に頼まれた清之介などという意外な進行になります。

捕物帳色が前面に出ている作品とはなっているのですが、そこはやはりシリーズ色はそのままです。ただ、前巻の旅があるからでしょうか、清之介の雰囲気が、少しではありますが陰惨さが影を薄めているようでもあります。

ただ、清之介とはまた異なった闇を心の裡に抱えている信次郎ですが、本書はそうした信次郎の物語ではあります。

[投稿日]2017年04月19日  [最終更新日]2017年4月19日
Pocket

おすすめの小説

同心が主人公の痛快時代小説

同心を主人公とした時代小説もかなり数多く出版されています。下記はその中の一例です。
父子十手捕物日記シリーズ ( 鈴木 英治 )
同心御牧文之介が、かつて名同心と言われた父親の丈右衛門の力を借りて、幼馴染みの中間勇七と共に事件を解決する、親子愛にあふれた、鈴木節も絶好調の捕物帳です。
涅槃の雪 ( 西條 奈加 )
御薬園同心 水上草介シリーズ ( 梶 よう子 )
御薬園同心の水上草介を主人公とする、心温まる人情劇です。
八丁堀剣客同心 ( 鳥羽 亮 )
八丁堀の鬼と恐れられる隠密廻り同心・長月隼人が活躍する、ミステリー色の強い、痛快活劇小説です。
一朝の夢 ( 梶 よう子 )
両御組姓名掛りという閑職の北町奉行所同心である朝顔オタクの中根興三郎を主人公とした、作者の優しい目線が光る人情小説で、歴史の渦に巻き込まれていく姿が描かれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です