あさの あつこ

イラスト1
Pocket

文庫

KADOKAWA/角川書店

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは バッテリー (角川文庫) [ あさのあつこ ] へ。


「そうだ、本気になれよ。本気で向かってこい。―関係ないこと全部捨てて、おれの球だけを見ろよ」中学入学を目前に控えた春休み、岡山県境の地方都市、新田に引っ越してきた原田巧。天才ピッチャーとしての才能に絶大な自信を持ち、それゆえ時に冷酷なまでに他者を切り捨てる巧の前に、同級生の永倉豪が現れ、彼とバッテリーを組むことを熱望する。巧に対し、豪はミットを構え本気の野球を申し出るが―。『これは本当に児童書なのか!?』ジャンルを越え、大人も子どもも夢中にさせたあの話題作が、ついに待望の文庫化。(「BOOK」データベースより)

あさのあつこの代表作とも言える野球を舞台にした青春小説の名作で、野間文芸賞も受賞している作品です。

主人公は、他人に対しては自分の野球に役に立つか否かという判断基準しかない原田巧という少年です。親の都合で引っ越しっ先の岡山県の新田という町で知り合った永倉豪という少年とバッテリーを組むことになります。体の弱い弟青波や他の仲間らと過ごし、成長していく姿が描かれています。

時代小説の『弥勒シリーズ』で、あさのあつこという作者のしつこいまでの登場人物の心象の描くさまをみて、そのうまさを感じてはいたのですが、本書でも巧少年の傲慢さや、父や弟に対する心の振れ具合を丁寧に描き出してあります。

この巧という少年の傲慢さは、読み手にとって嫌悪感すら覚えるほどですが、一方、弟の青波がその傲慢さを打ち消す存在として、巧の良心的存在としてよく描かれています。また、豪はその包容力で巧を包みこみ、同級生ではありますが、巧を上手く補う存在としてあって、巧の祖父である井岡洋三が巧を見まもり導く存在として配置されています。

登場人物のそれぞれの人格が少々誇張されすぎてはいないか、とも思うのですが、そもそも本書が児童文学として書かれていることを考慮すると、この程度のデフォルメは仕方がないのかとも思います。

全六巻のうちのまだ一巻目です。巧らはこれから中学へと進み、さまざまな出会いが待っていそうです。これから描かれるであろう巧、豪、そして青波らの成長する姿を楽しみたいと思わせてくれる作品でした。



青春小説として思いだすのは、 佐藤多佳子一瞬の風になれでしょうか。陸上のスプリンターの道をまい進する少年の物語。短距離走の選手である主人公の走る場面の風の様子など、その描写は素晴らしいの一言です。

また、エンターテインメント性の強い作品としては、 誉田哲也武士道シリーズがあります。この作家の他の作品にみられるホラーテイストは微塵も無く、剣道に打ち込む少女たちの姿を描いています。空はどこまでも青く澄み渡っている青春世界です。

また、 蓮見恭子襷(たすき)を、君に。もあります。高校に入り、陸上部にはいって、目標とする女の子の走りに近づくために必死で努力する姿を描いた長編青春小説です。

[投稿日]2017年06月14日  [最終更新日]2017年6月14日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの青春小説

青春小説としては多くの作品があります。下記はその中のごくごく一部です。
船に乗れ! ( 藤谷 治 )
チェロを専攻する高校生・津島サトルが主人公の青春音楽小説で、クラシック音楽を主題にした小説は初めてでしたが、とても品が良く、且つ面白い作品でした。
エイジ ( 重松 清 )
東京近郊の桜ヶ丘ニュータウンに住む中学2年生の高橋栄司、通称エイジの日常をリアルに描いて、友達や女の子、そして家族への感情をもてあます少年の一時期を描いています。
古典部シリーズ ( 米澤 穂信 )
青春ミステリ小説として第五回角川学園小説大賞奨励賞を受賞した作品で、高い評価を受けているシリーズです。
サマータイム ( 佐藤 多佳子 )
佐藤多佳子デビュー作で、表題の「サマータイム」他3篇からなる(連作の)短編集で、透明感のある青春小説です。
武曲(むこく) ( 藤沢 周 )
ラップ命という高校生羽田融(はだとおる)が剣道部のコーチ矢田部研吾から一本を取り、剣道にのめり込んでゆく。高校生羽田融とアル中コーチ矢田部研吾の内面に深く切り込む「超純文学」。明るい青春小説ではありませんでした。
本

関連リンク

作家の読書道:第34回 あさの あつこさん - WEB本の雑誌
天才的なピッチャーとしての才能を持つがゆえなのか、少々傲慢な性格の少年、巧と、彼の女房役であり大らかな性格の豪。2人の中学生を軸に描かれる『バッテリー』が今、児童文学の枠を越えて広く大人からも人気を博している模様。
2005年04月号 『バッテリー』 あさのあつこ | ダ・ヴィンチニュース
ピッチングに関して天才的なセンスと強い自信を持つ原田巧は中学入学を目前に控えた春休み、父親の仕事の関係から、祖父の住む田舎、新田へ家族で引っ越すことになる。
バッテリー/あさのあつこ|KADOKAWA
角川書店 バッテリー公式サイト
Uside(ユーサイド)映画「バッテリー」主演の林遣都さんに聞く
映画『バッテリー』で、孤高の中学生ピッチャーという難しい役柄をパーフェクトに演じた林遣都さん。実に3000人もの応募があったというオーディションを経て、主役に抜擢された林さんだが、それ以前はごく普通の高校生だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です