浅田次郎

イラスト1
Pocket

文庫

光文社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 楽天 へ。


浅田次郎のごく初期のユーモア長編小説です。既に今の浅田次郎の泣かせのテクニックや、見せ場の盛り上げ方などは備わっています。全体として一本の長編ではあるのですが、各章が短編としても読めるエピソードで構成されています。

対立する組の総長を殺(と)って十三年収監された後、シャバに出てきたヤクザ「ピスケン」、自衛隊の海外派兵反対を叫び、たった一人で武装蜂起した挙げ句、自殺(自決)未遂をやらかした元自衛隊員の「軍曹」、そして大物政治家の収賄の罪を被り、社会的にも家庭的にも抹殺された元大蔵キャリア「ヒデさん」。第一巻の冒頭で、三人は退職間際の刑事「マムシの権佐」が引き合わされる。(作家の篠田節子氏による「あとがき」にあったまとめを引用しました。)

この作品も他の作品と同じく、荒唐無稽ではあるけれども、江戸っ子堅気に見られる「粋」や「義」で貫かれた、不器用とも言える「男気」の物語であって、これは即ち浅田次郎の基本であるようです。

第二巻目『血まみれのマリア』では阿部マリアの救急救命センターでの看護師長としての活躍が描かれていますが、このマリアはその後に『プリズンホテル』でも登場し読者の涙を誘います。つまり、この作品は直接には『プリズンホテル』や「天切り松 闇がたり」に連なりますが、男気にあふれる三人の夫々の夫婦や家族の物語は、「粋」や「義」という「男の意地」の物語であり、それは極道の物語ではない『壬生義士伝』での吉村貫一郎の家族への思いや、『黒書院の六兵衛』の的矢六兵衛の行動にも通じていると言えそうです。

ただ、ごく初期の作品であるがために現在書かれている『黒書院の六兵衛』程の完成度が無いのは仕方が無いところで、そのレベルを要求するわけにはいきませんが、あらためて現在の三人の物語を読みたいと思います。

きんぴかシリーズ(完結)

  1. 三人の悪党
  2. 血まみれのマリア
  3. 真夜中の喝采
[投稿日]2015年03月22日  [最終更新日]2015年3月22日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です