壬生義士伝 映画版   (  浅田次郎 )   2015年1月12日

年老いた佐藤浩市の斎藤一が村田雄浩演じる大野千秋の病院へ孫を連れていくところから映画は始まります。丁度満州へ旅立つ準備をしていたその病院に置いてあった吉村貫一郎の写真を見て、斎藤一の回想の場面へと移るのです。 中井貴一の … “壬生義士伝 映画版” の続きを読む

日輪の遺産   (  浅田次郎 )   2014年12月30日

本著作は著者のごく初期の作品のようで、残念ながら浅田次郎の作品にしては完成度が今一つと感じました。本書は本書として面白いのですが、新撰組三部作や「天切り松シリーズ」といった素晴らしい作品を読んだ後ではどうしてもこの著者に … “日輪の遺産” の続きを読む

阪急電車   (  有川 浩 )   2014年12月30日

有川浩という作家の最初に読んだ作品が図書館戦争シリーズ二作目の「図書館内乱」で、次に読んだのが本書でした。あまりに傾向の違いに驚いてしまいました。 「」は自衛隊を思わせる図書隊という軍事組織の中での女の子が主人公の物語で … “阪急電車” の続きを読む

蜩の記   (  葉室 麟 )   2014年12月25日

戸田秋谷は藩譜の作成と10年後の切腹が命ぜられていた。不始末をおこしその秋谷の元へつかわされる檀野庄三郎だったが、秋谷と生活を共にしていくうちにその人柄にふれ、藩の秘密との関わりの中でその助命を願うようになっていく。 こ … “蜩の記” の続きを読む

輪違屋糸里   (  浅田次郎 )   2014年12月25日

新選組三部作の第二弾です。新選組の成立期、それも芹沢鴨の暗殺事件の裏面史といったところでしょうか。「輪違屋糸里」というタイトルではありますが、糸里は重要ではあっても登場人物の一人でしかありません。主人公は新選組と言って良 … “輪違屋糸里” の続きを読む

壬生義士伝   (  浅田次郎 )   2014年12月25日

新選組三部作の第一弾で、ただひたすらに金に執着し、そして死んでいった新選組隊士吉村貫一郎の物語です。実在の人物ではあるらしいのですが、その詳細は不明で、後に子母澤寛(しもざわ かん)が「新選組始末記」で記した吉村貫一郎像 … “壬生義士伝” の続きを読む