黒書院の六兵衛   (  浅田次郎 )   2015年3月22日

江戸城引渡しに備え、官軍入城に先立っての露払いとして尾張徳川家の徒組頭加倉井隼人が選ばれた。早速に江戸城西の丸御殿に行くと、待っていた勝海舟に打ち明けられたのは、未だ一人の侍が立退かずにいる、ということだった。外には官軍 … “黒書院の六兵衛” の続きを読む

天切り松 闇がたり   (  浅田次郎 )   2015年3月22日

2004年7月に関西テレビで制作されたドラマです。天切り松の口調は確かに勘九郎(故十八代目 中村 勘三郎)のべらんめえなのですが、映像は小太りの勘九郎ではイメージ違いとしか思えませんでした。 抜け弁天の杉本安吉を渡辺謙、 … “天切り松 闇がたり” の続きを読む

鉄道員(ぽっぽや)   (  浅田次郎 )   2015年3月22日

第23回日本アカデミー賞・最優秀作品賞を受賞しました。 ストーリーは原作をなぞってはいたものの、映画は映画として独立した作品でしたね。そこには高倉健という役者さんならではの色が存在し、やはり高倉健という俳優さんの存在感は … “鉄道員(ぽっぽや)” の続きを読む

鉄道員(ぽっぽや)   (  浅田次郎 )   2015年3月22日

「鉄道員(ぽっぽや)」「ラブ・レター」「悪魔」「角筈にて」「伽羅」「うらぼんえ」「ろくでなしのサンタ」「オリヲン座からの招待状」の八編からなる、決して明るくはない短編集です。というよりも、どちらかというと暗い、重いとさえ … “鉄道員(ぽっぽや)” の続きを読む

椿山課長の七日間   (  浅田次郎 )   2015年3月22日

西田敏行という役者が好きで、彼が出ているというそれだけの理由でDVDを借りました。彼の出番は少なく残念でした。しかし、思いのほか映画自体の出来も良く、この頃から浅田次郎という作家を意識し始めたような気がします

椿山課長の七日間   (  浅田次郎 )   2015年3月22日

突然の死を迎えたサラリーマン、やくざの組長、小学生の夫々が、現世に未練を残し死にきれないと、三日間だけ生き返るファンタジーです。 大手デパート勤務の椿山和昭は、ふと気付けばあの世の入り口にいた―。そこは死者が講習を受ける … “椿山課長の七日間” の続きを読む

地下鉄に乗って (DVD)   (  浅田次郎 )   2015年3月22日

原作よりも先にこの映画を見ていました。原作を読んで後この映画を振り返ってみると、原作の筋立てを可能な限り再現していたように思います。 映画を見ているときは戦後の闇市の場面が如何にもきれいで、古い雰囲気を出そうとしているセ … “地下鉄に乗って (DVD)” の続きを読む